50代男女が出会えるマッチングアプリおすすめ13選! 婚活・再婚・恋活・パートナー&友達探しも

この記事では、50代におすすめのマッチングアプリ13選を徹底解説します。

婚活や恋活・パートナー探し・気軽なデート・友達作り・遊び・再婚など目的別に紹介しているので、あなたに最適なサービスが見つかるはず。無料で出会いたい方や再婚を目指したい方も必読です!

アプリの選び方や出会いのコツ、素敵なパートナーと出会えた利用者の貴重な体験談も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

50代男女におすすめのマッチングアプリ13選 比較一覧表

まずは50代におすすめのマッチングアプリを比較できるよう一覧表ににまとめました。

このアプリのおすすめポイント

  • [50代におすすめ婚活アプリを見る](https://app-liv.jp/love/archives/132931/#1175351)
  • [50代におすすめ恋活アプリを見る](https://app-liv.jp/love/archives/132931/#1113054)
  • [50代におすすめ遊び向けアプリを見る](https://app-liv.jp/love/archives/132931/#975192)

50代が出会えるおすすめのマッチングアプリ13選【目的別】

まずは50代におすすめのマッチングアプリを目的別で紹介していきます。

【婚活】50代におすすめのマッチングアプリ5選

さっそく50代におすすめの婚活アプリを5つ紹介していきます。

「マリッシュ」:リボンマークで相手の結婚歴や子供を気にしないのがひと目でわかる

「マリッシュ」公式サイトはこちら

「マリッシュ」は、バツイチ・シンママ・シンパパを応援する婚活・再婚活に特化したマッチングアプリです。

年齢層が比較的高く、50代で結婚相手を探す方・バツイチで再婚を目指す方にとって利用しやすいでしょう。

趣味・嗜好・価値観ごとの「グループ」機能があり、共通点のある相手に出会いやすいのが魅力。

男性は、プロフィール上で相手の離婚歴や子どもがいることを気にしない意思表示として「リボンマーク」を提示可能です。相手の結婚歴にこだわりがない方にはチャンスが大きいサービスです。

「マリッシュ」の年齢層

マリッシュ 年代別利用率

「マリッシュ」の年齢層は30代~50代のミドル層で全体の81.8%を占めます。

晩婚化が進み、30歳以上での結婚も一般的になっている昨今、生涯のパートナーを見つけたい人や、結婚したいユーザーが集まっているのでしょう。

また、年収は年齢に比例する傾向にあることから、収入が安定している年齢層が多いとも考えられ、金銭的に安心できる結婚生活も期待できます。

「マリッシュ」の口コミ・評判記事

app-liv.jp

「ブライダルネット」:結婚相談所級のサポート! カウンセラーに相談可能

「ブライダルネット」公式サイトはこちら

「ブライダルネット」は、婚活業界大手「IBJ」運営のサポートが手厚いマッチングアプリです。

基本の条件検索機能に加え、紹介・パーティ参加の3種類の方法でパートナー探しができるのが特徴。

また、結婚相談所のお見合いスペースをデート場所として無料提供していることから、安心して顔合わせもできるのがポイント。

カウンセラーに相談可能しながら婚活を進められる、結婚相談所とマッチングアプリの長所を合わせたようなサービスです。

「ブライダルネット」の年齢層

ブライダルネット 年代別利用率

「ブライダルネット」の利用者は、40代・50代・60代以上がメイン層。合計すると、全体の75.3%にもなります。年齢層が高い分、結婚に真剣に取り組むユーザーが多い印象。

婚活に特化したアプリなので、結婚を意識した世代のユーザーが大奥集まっているが特徴です。

「ブライダル」のネット口コミ・評判記事

app-liv.jp

「youbride(ユーブライド)」:利用者の7割が婚活目的

「youbride」は、会員の約80%が5ヶ月以内に成婚を果たしている実績を持つ、大手IBJグループ運営の国内最大級の婚活アプリ

最大の特徴は、充実した条件検索機能。価値観や趣味・嗜好に加え、恋愛観や結婚観・子供の希望など細かい条件で相手を絞ることができます。

料金は男女ともに有料ですが、その分「サクラゼロ宣言」を掲げるなど安全対策も徹底されているのがポイント。安心して素敵なパートナーを探したい50代の方にもってこいのマッチングアプリです。

「youbride」の年齢層

youbrideの年代別利用率

「youbride」の利用者の年齢層は、30代~40代でおよそ63%、さらに50代も含めれば76%の比率となっています。

婚活に特化したサービスであることから、結婚や子どもを持つことを意識した世代の利用者が最も多くなるのは必然といえるでしょう。

また「youbride」は再婚支援も積極的に行っているため、結婚歴のある方やすでに子どもがいる方にとっても出会いを期待しやすいサービスになっています。

「youbride」の口コミ・評判記事

app-liv.jp

「ゼクシィ縁結び」:価値観診断で毎日4名紹介してくれる

「ゼクシィ縁結び」公式サイトはこちら

「ゼクシィ縁結び」は、ブライダル情報誌「ゼクシィ」でおなじみ、リクルートグループ運営の婚活マッチングアプリです。

独自のノウハウを用いた「価値観診断」の結果から、あなたに合った相手を毎日4人紹介してくれるのが嬉しいポイント。

相手とのマッチング後にはコンシェルジュによるデートの調整も行ってくれるなど、サポートもかなり充実しています。

異性とのやり取りが久しぶりで、勝手が分からないと不安に感じる方も、安心して使いやすい魅力的なサービスです。

「ゼクシィ縁結び」の年齢層

ゼクシィ縁結び 年代別 利用者数

「ゼクシィ縁結び」の年齢層は、利用者の38.5%が30代、次に多いのは40代が全体の32%、50代は14.7%です。

「ゼクシィ縁結び」は婚活系のマッチングアプリなので、恋活系のアプリよりも比較的年齢が高くなります。中高年世代の相手と知り合いたい50代の人にも利用しやすいでしょう。

「ゼクシィ縁結び」の口コミ・評判

app-liv.jp

「Match(マッチドットコム)」:結婚を視野に入れている人が7割

「Match」公式サイトはこちら

「Match」で確認できる証明書の種類

・免許証やパスポートの本人確認
・住所証明
・勤務先証明
・収入証明
・卒業証明
・独身証明
・クレジットカード証明

「Match(マッチドットコム)」は、会員の7割近くが結婚を視野に入れて出会いを探している、真剣度の高いマッチングアプリです。

元々はアメリカでリリースされたマッチングアプリ。多様性を大切にしていて、プロフィールには、出身国や言語、信仰などの項目があるのが特徴です。

相手の提出済みの証明書をプロフィール欄で確認できるのも良い点。安心・信頼できる相手を探したい方にもおすすめのサービスです。

「Match」の年齢層

Match マッチドットコム 年代別利用率

「Match」の年齢層は、全体の約7割を占める30代~50代がメイン。中でも多いのは30代で、全体の39.4%を占めています。

他の恋活アプリよりも利用者の平均年齢が高い傾向にある分、人生をともに寄り添うパートナーを真剣に探している人が多い印象です。

「Match」の口コミ・評判記事

app-liv.jp

【恋活】50代におすすめのマッチングアプリ4選

次は、50代の恋人探しに向いているマッチングアプリを4つ紹介します。

「Pairs(ペアーズ)」:初心者・地方在住でも出会いやすい!

「Pairs」公式サイトはこちら

「Paris(ペアーズ)」は、累計登録者数2,000万人を超える人気のマッチングアプリです。

40代・50代の利用者も20万人と非常に多く、中高年の方にとっても同世代の相手と出会える可能性が極めて高いサービスだといえます。

北海道から沖縄まで全国に利用者がいるため、地方在住でも近くで良いパートナーが見つかりやすいと評判。アプリ恋活初心者の方にもおすすめできる優良アプリです。

「Pairs」の年齢層

Pairs ペアーズ 年代別利用率

「Pairs」の利用者は、40代・50代を合わせて26.5%

20代・30代がメイン層となっていて全体の68.8%であるため、割合だけで見るとやや少ないように見えますが、利用者全体から割り出すと人数は約530万人もいます。

他のアプリとくらべても中高年世代の数が圧倒的に多いため、出会いのチャンスはかなり豊富だといえるでしょう。

「Pairs」の口コミ・評判記事

app-liv.jp

「with(ウィズ)」:心理テストや性格診断の結果から出会える

「with」公式サイトはこちら

「with(ウィズ)」は心理テスト・性格診断を使いながら、趣味や価値観をきっかけに出会える人気のマッチングアプリ

20〜30代を中心に幅広い世代に使われており、真面目な付き合いを求めている人が多いため初心者でも安心して利用しやすいのが魅力。

特に内面重視の出会いを見つけたい方には、1度は使っていただきたい優良アプリです。

「with」の口コミ・評判記事

app-liv.jp
「Match」の口コミ・評判記事

app-liv.jp

「Omiai(オミアイ)」:共通の趣味の相手がすぐに見つかる

「Omiai」公式サイトはこちら

「Omiai」は、恋人探しから婚活まで幅広く利用できる人気のマッチングアプリ。利用者の傾向としては「Pairs」と似ていますが、年齢層・真剣度ともにやや高いのが特徴です。

趣味や興味のあることをキーワードとして設定しておけるのも特徴のひとつ。「野球」「温泉」「カメラ」などの気になる言葉で検索すれば、共通の話題を持った人がすぐに見つけられます。

設定した条件に該当する人が表示されるおすすめ順や、ログイン順、新メンバーなど、充実していて使いやすい検索機能も特徴です。

「Omiai」の年齢層

Omiai オミアイ 年代別利用率

「Omiai」の年齢層は20~30代の利用者が中心となっています。

真面目な恋愛や婚活を求める男女が集うサービスであることから、通常の恋活アプリよりも結婚を意識する年代の利用者が多くなるのも納得できますね。

50代は5.9%とやや少なめではありますが、真剣な出会いを求める20代・30代の年下の相手と出会いたい方にはもってこいのマッチングアプリといえるでしょう。

「Omiai」の口コミ・評判記事

app-liv.jp

「アンジュ」(旧aocca):30代~50代限定の大人向けアプリ

「アンジュ」公式サイトはこちら

「アンジュ」は30代・40代・50代向けの恋活・婚活マッチングアプリです。

2022年4月に「aocca」(前サービス)がリニューアルし、落ち着いた大人世代限定の出会いに特化したサービスとなりました。

よく遊びに行く場所・休日の過ごし方に加えて、どれくらい一緒にいたいか・マッチングしたらすぐに会いたいかどうかなど細かい希望条件で相手を探せるのが魅力。

同世代でお互いに理想だと思える相手と効率よく会いたい人におすすめのアプリです。

「アンジュ」の年齢層

アンジュ 年代別 利用率

「アンジュ」の年齢層は、利用者の38.6%を占める50代が最も多くなっています

30代以上限定のマッチングアプリなので、全体としても他のアプリに比べて年齢は高め。30代・40代の年下や50代の同世代に出会いたい方に向いているといえます。

男性会員は公務員・エンジニア・経営者などのハイステータスな利用者・女性会員はバツアリやシングルマザーの利用者が多く利用。事実婚などの生涯のパートナー探しをしている方も多いようです。

「アンジュ」の口コミ・評判記事

app-liv.jp

【遊び・友達探し】50代におすすめのマッチングアプリ2選

ここからは、遊びやデート・友達作りでマッチングアプリを使いたい人におすすめのアプリを2つ紹介します。

「Dine(ダイン)」:メッセージ不要でサクッとデート可能

「Dine」はメッセージ不要かつデート前提でカジュアルに出会えるマッチングアプリです。

面倒なやり取りなく気軽にデートまでつなげられるのが大きな特徴。デートに不安のある方でも、アプリ内で最適なお店を提案してもらえ、予約代行までしてもらえるため安心して利用できます。

また、登録しているスケジュールから、自動でデート日程調整もしてもらえるため、スマホでの操作が難しそうと不安に感じる作業なども省けます。

新機能、「Dine Biz」では、自分の知識や経験を話す代わりに、奢ってもらうことができます。貴重な経験や実績がある人と出会いたい、話し手になって誰かに価値を提供し、友達の輪を広げたいという人には魅力的でしょう。

「Dine」の年齢層

Dine 年代別 利用目的

「Dine」の利用者は30代が最も多く46.3%でした。次に多いのは20代で32.5%。20代・30代がメイン層のマッチングアプリといえます。

50代は1.8%と少ないものの、20代・30代の若い世代と知り合いたい50代にはおすすめです。

「Dine」の口コミ・評判記事

app-liv.jp

「東カレデート 」:厳選されたハイスペック男女に会える

「東カレデート」公式サイトはこちら

「東カレデート」はハイスペックな男女が集まる、日本最大級の審査制マッチングアプリです。

入会審査では男性は年収や職業、女性は容姿が重視される傾向にあります。他のアプリよりレベルの高い相手を見つけたい50代の方にぴったり。

月間利用者数は1万人以上と他のマッチングアプリより少なめですが、ハイステータスな男女が集まっているからこその非日常感あふれる出会いを楽しみたい方に特におすすめです。

「東カレデート」の年齢層

東カレデート 年代別 利用率

「東カレデート」の利用者の77%が30代で、次に多いのは60歳以上が14.1%。30代の年下の年齢層や、60代以上の年上に出会いやすいマッチングアプリといえます。

男性会員の2人に1人が年収1,000万円以上、3人に1人が年収2,000万円以上という公式のデータにも注目。

女性にとっては、経済的に余裕のある男性と知り合えるチャンスが多いことがわかりますね。

「東カレデート」の口コミ・評判記事

app-liv.jp

【完全無料】50代におすすめのマッチングアプリ2選

無料で使えるマッチングアプリ

完全無料で利用できるアプリには、Tinder」と「ペアフルがあります。この2つのアプリは異性に「いいね」を送れる数も多く、気軽に利用できます。

ただ、どちらもメインの年齢層が20代なことから、50代はマッチングしづらい部分もあります。

年齢を同世代に絞り込んでの検索もできますが、表示される人は少なくなるため、地方だとなかなか出会えません。どうしても無料で出会いたい方にのみおすすめするサービスです。

「Tinder(ティンダー)」:指1本のカンタン操作!年下と出会える

「Tinder」公式サイトはこちら

「Tinder」は世界で最もダウンロードされている、男女無料の気軽な出会い向けマッチングアプリ

指1本の操作でサクッと気になる相手を選別できるのが魅力。異性・同性どちらも探すことができるため、デート相手探しだけでなく友達作りにも最適。

若い世代が中心で活動しているため、「同年代よりも年下の友達を作りたい」という方に向いています。位置情報を利用して、近場の友達と出会える点もおすすめポイントです。

「Tinder」の口コミ・評判記事

app-liv.jp

「ペアフル」デート機能で今すぐ会える相手を探せる!

ペアフルの公式画像
「ペアフル」公式サイトはこちら

「ペアフル」は、男女ともにお金をかけずに出会える、2020年誕生の新しいデート向きマッチングアプリ

注目ポイントは、日程・プランなどから条件が合う相手を探すことができる「デート機能」。

今すぐ会える相手も探せるため、「この後一緒に食事に行ける人がほしいな」「このイベントに付き合ってくれる人がいたらな」というときにも願望を叶えやすいのが魅力です。

若い世代が中心のサービスではありますが、年齢での絞り込みが可能で50代の方も多くいます。あなたと同世代の方との出会いも期待できるでしょう。

50代の出会いにマッチングアプリをおすすめする理由

マッチングアプリ50代におすすめの理由

つづいて、50代の出会いになぜマッチングアプリがおすすめできるのかについて解説します。

主な理由は以下3つです。

①同世代の相手を探せる
②時間や場所を問わずパートナー・友達探しができる
③同じ目的の相手に出会える

①同世代の相手を探せる

50代の方にマッチングアプリおすすめできる理由として、同じ世代の結婚相手・恋人・友達を探しやすい点が挙げられます。

アプリなら条件検索機能を使えば、あなたと同じ50代の異性・同性だけを絞り込んで探すことも可能です。

現代では若者だけでなく、中高年・シニア世代も新しい出会いの場として多く利用し始めています。日頃出会いがないと悩んでいる50代の方こそ、使えばマッチングアプリの魅力やよさを実感できるはずです。

②時間や場所を問わずにパートナー・友達探しができる

時間・場所を取らずに手軽にパートナーや友達を探しやすいことも、マッチングアプリの利用をおすすめできる理由の1つです。

実際に仕事や家事・子育てで忙しくリアルで出会いを探す時間がなかった方や、出会いの場へ足を運ぶのが億劫だったという方でも、マッチングアプリで恋人・結婚相手が見つけることができたという声が多くあがっています。

③同じ目的の相手に出会える

マッチングアプリであれば、初めから同じ目的を持った相手とだけ出会うことができるという点も理由として挙げられます。

日常生活での出会いの場合、相手がどのような目的であなたと関わろうとしているのかは、実際に話すまでわかりません。

しかし、アプリであればサービス毎に「婚活」「恋活」「友達」と得意分野が別れている上、プロフィール上に個々で目的を明記できるため、関わる相手を選ぶことができます。

50代がおさえておきたいマッチングアプリの選び方

50代 マッチングアプリの選び方

マッチングアプリといってもさまざま。今までマッチングアプリを利用したことがない方は、どれに登録していいか悩むことでしょう。

50代がマッチングアプリで素敵な方と出会うために、押さえておくべき4つのポイントを解説します。

①年齢層が合っているか?

マッチングアプリを選ぶときに大切なことは「自分の年齢層に合っているどうか」です。

マッチングアプリは幅広い年齢層と出会える一方、年齢層が合わないアプリを選択すれば、大切な時間やお金まで無駄になってしまいかねません。

アプリに慣れていない方であれば、50代の登録者が多いアプリを利用しましょう。なぜなら年代が近い方がマッチング率はあがり、出会える機会が増えるためです。

マッチング後のやり取りも、同年代だとジェネレーションギャップが少ないという利点もあります。共通の話題も多いでしょうから、きっと楽しくメッセージのやり取りができるでしょう。

②目的に合っているか

マッチングアプリを利用する場合、婚活・恋活・友達探しなど利用目的は人それぞれ。

50代でマッチングアプリを利用する人は遊び目的というよりも、生涯の友達が欲しい人や、趣味とも探し、再婚や熟年婚など、明確な理由がある方も多くなってきます。

「熟年離婚をしたけど、やはりパートナーがほしい」
「最近、なんだか寂しいと感じることが増えたので友人となる相手がほしい」

アプリ選びを間違えると、いつまでたっても良い出会いがないという結果になってしまいかねません。利用目的とアプリが合っているのか、確認してから利用しましょう。

50代女性と年下男性のカップル

③恋愛対象者はいるか?

マッチングアプリには40〜50代の月間利用者数が20万人を超えているサービスや、シングルママ・パパやバツイチの方が約7割のアプリもあるので、必然的に恋愛や将来、老後を過ごすパートナー対象者が見つかります。

ポイントは若者向けのアプリではなく、年代が近いサービスや、コミュニティを利用することで、より相性の合う相手と出会えるでしょう。

④安全対策がされているか

運営側の安全対策が万全かどうかは、登録する前にしっかりと確認するようにしましょう。特に以下のサポートがあるかは、安全性・機密性を確かめるポイントとなります。

・「TRUSTe」など第三者からの個人情報保護認証を取得済み
・ 年齢確認・本人確認が必須
・ 24時間365日の監視サポートあり
・ 通報機能またはブロック機能がある

全て条件をクリアしているアプリは安全といえます。

ちなみに、今回ご紹介しているアプリのほとんどは全条件をクリアしているので、安心して利用可能。トラブルに巻き込まれないよう、セキュリティ万全のマッチングアプリを選びましょう。

マッチングアプリを使って出会えた50代の体験談

50代女性の体験談「3ヶ月で優しくて誠実な彼氏と出会えた! 」

マッチングアプリで出会えた50代女性・あいり(仮名)さんの体験談

50代男性の体験談「バツイチでも可愛い中国人の彼女ができた!」

50歳バツあり男がペアーズでかわいい彼女を作った方法

app-liv.jp

50代が最も使っているマッチングアプリは? 月間利用者数で比較!

「50代が多く使っているマッチングアプリはどれ?」と気になる方のために、アプリ毎に月間利用者数を調査しランキングを作成しました。

50代のマッチングアプリ 月間利用者数ランキング

50代のマッチングアプリ 月間利用者数ランキング

調査の結果、50代に一番使われているアプリは「Pairs」であることがわかりました。

月間利用者数は8.5万人で、続いて多かった「マリッシュ」・「Omiai」の利用者数を足したよりも多区の人が利用しているデータが出ています。

「Pairs」は他のアプリと比較して段違いで出会いチャンスが多いということがわかりますね。

とにかく多くの異性に出会いたいという方や人気のアプリから試してみたいという方は、ぜひ利用を検討してみてくださいね。

50代が押さえておきたい! マッチングアプリの使い方

マッチングアプリの使い方

マッチングアプリの基本の流れは、プロフィールを検索し、気になった相手に「いいね」を送ります。お互いに「いいね」を送り合うとマッチングが成立し、それからはその相手と自由にメッセージのやり取りが可能になります。

後はLINEや電話番号を交換しても問題はなく、メッセージのやり取りで距離を縮めてデートに誘うといった流れです。

マッチングのためには、他ユーザーに見てもらうためのプロフィール作成が重要になります。写真を複数枚載せられるので、顔が分かる写真を何枚か載せておくと信頼できる相手と判断されて、「いいね」がもらいやすくなります。

また、身長や大まかな居住エリアを分かるようにしておくこと、利用目的は婚活なのか、恋人が欲しいのかなどはっきり書いておくのがポイントです。

50代がマッチングアプリで出会いを成功させる6つのコツ

50代がマッチングアプリで出会いを成功させるコツ

「登録しても出会いがなかったらどうしよう」 と不安な方に向け、50代がマッチングアプリで出会うための6つのコツをお伝えします。

①笑顔と清潔感を意識したプロフィール写真を設定する

プロフィールの顔写真は、笑顔でとることが鉄則です。

清潔感があるかどうかも重視されるため、とにかく50代は、こざっぱりした髪型・服装を意識しましょう。

また写真を撮るときは、以下のポイントも抑えるとマッチング率があがるのでお試しください。

・印象を和らげるため屋外の自然光の下で撮る
・対面したときに驚かれないよう1年以内の写真を使用する
・自然な雰囲気がでるよう他人に撮ってもらう

納得のいく写真が撮れない場合、プロに頼むのもいいでしょう。

①笑顔と清潔感を意識したプロフィール写真を設定する
プロフィール写真に関する詳しい解説記事

app-liv.jp

②利用目的・趣味・人柄がわかる自己紹介文を書く

自己紹介文は写真で興味を持ってくれた相手に自分をアピールできる大事な箇所なので、短くても必ず記入しましょう。

以下の内容を盛り込んで書いてあげると、相手もあなたがどんな人なのか分かやすくなり、安心して声をかけやすくなるでしょう。

①あいさつ
②アプリの利用目的
③自分の性格や長所
④趣味や特技
⑤締めのあいさつ

ポイントは、相手に「この人は信頼できそう」と思わせられるかどうかです。自己紹介文を充実させて、出会いのチャンスを増やしましょう。

自己紹介文のに関する詳しい解説記事

app-liv.jp

③同じ50代の相手にアプローチする

マッチングアプリを使って出会うには、年の近い、同世代の相手に対してアプローチをしましょう。同世代の方がいいねに対して反応がもらいやすく、マッチング率が高いためです。

共通点も多く、メッセージの話題も見つかりやすくなり盛り上がるでしょう。大きく年下の異性に惹かれる人もいますが、なかなかマッチングせずにモチベーションが下がってしまいがちです。

基本的にはどのアプリも、表示される相手の年齢を絞り込むことができます。検索機能を使ってプラスマイナス10歳を目安にして相手を探すことをおすすめします。

④共通の話題を含んだ返信しやすいメッセージを送る

マッチング後、恋人や友人へと関係が発展するかどうかは、メッセージのやり取りにかかっています。

とはいっても「何を話せばいいの?」「仲良くなるコツってないの?」と悩む方は、以下の方法を試してください。

・相手と同じくらいの文量で返信する
・質問をはさんで、相手に関心があることをアピールする
・相手の興味分野をリサーチする

40代・50代はルックスよりも中身を重視する方が多いため、1通1通に気持ちをこめて返信しましょう。

メッセージに関する詳しい解説記事

app-liv.jp

⑤積極的に「いいね!」や「足あと」機能を使う

マッチングアプリには、相手に好意があることを示す「いいね!」機能やプロフィールに訪れた相手がわかる「足あと」機能があります。

50代で出会いを成功させるには、ただ受け身で相手を待つだけでなく、こういった機能を積極的に活用し自分からもアプローチしていくことがとても大切です。

⑥ゆとりを持たせた条件設定で相手を探す

条件検索の設定は、絞りすぎないほうがマッチング相手をみつけやすいです。

マッチングアプリでは、相手を探すときに検索する条件を設定できます。まずは年齢、居住地、これだけは譲れないといった項目だけ指定するといいでしょう。

例えば年齢条件では、55歳の方であれば前後10歳の45~65歳まで広げて検索をかけると、マッチング人数が増えます。

50代の方は条件にこだわってたった1人の相手をみつけるより、 多くの方とマッチングしてから1人に絞るほうが効率がいいでしょう。

【条件設定の例】

居住地:東京
年齢:45~58歳
身長:こだわらない
職種:こだわらない
年収:こだわらない
学歴:こだわらない
同居人:一人暮らし

ここからは、50代のマッチングアプリ利用に関する質問にQ&A形式で答えていきます。

マッチングアプリで素敵な相手と出会い50代からの人生をより楽しもう!

「もう50代だから、新しい出会いなんて現実的に無理かも」と半ば諦めていた方も多いはず。

しかし、人生100年時代といわれる今、50歳は折り返し地点にたったばかりの年齢です。

これからの人生をより楽しくするためにも、マッチングアプリで趣味仲間や恋人を作ってみてはいかがでしょうか?

本日ご紹介したマッチングアプリの中に、もしかしたら将来のパートナーとなる素敵な方が、あなたの登録を待っているかもしれませんよ。

マッチングアプリ年代別おすすめ記事

10代におすすめのマッチングアプリ 人気11選
20代男女におすすめマッチングアプリランキング
30代男女におすすめなマッチングアプリランキング!
40代におすすめマッチングアプリ9選
中高年の出会いにおすすめマッチングアプリ5選
熟年層(シニア)・60代が出会えるマッチングアプリ

こちらの記事もおすすめ

app-liv.jp

app-liv.jp