【最新】10代が出会えるマッチングアプリおすすめ&人気11選! 無料サービスや恋活のコツも

「学生生活やアルバイト先で出会いがない」「彼氏・彼女が欲しいけれど、どうやって出会えばよいのかな?」と悩む10代は少なくないはず。

そんな人におすすめなのが会員数の分だけ出会いのチャンスがあるマッチングアプリ。スマホ1台で通学途中や休み時間に出会いを探せます。

今回は10代の出会いにおすすめのマッチングアプリを紹介。アプリ攻略法や利用時の注意点なども解説しているので参考にしてみてくださいね。

目次

10代におすすめのマッチングアプリ5選【編集部が調査&厳選】

10代におすすめのマッチングアプリBEST5を大発表! 10代の利用者数を加味したうえで、Appliv編集部のおすすめを厳選しました。ランキングはこちら。

大学生のカップルのイメージ

BEST5のアプリをひとつずつチェックしていきましょう。

このアプリのおすすめポイント

  • [Tinder](https://app-liv.jp/r/tinder/?ref=10s-230117-1)
  • [Pairs](https://app-liv.jp/r/pairs/?ref=10s-230117-2)
  • [タップル](https://app-liv.jp/r/tapple/?ref=10s-230117-3)

「Tinder(ティンダー)」 10代に人気!男女無料で使えるアプリ

Tinder」は、男女ともに無料で相手を探せるマッチングアプリです。

他のマッチングアプリのように月額基本料やポイントを購入する必要がないため、お金をかけずに彼氏・彼女を探したい10代の方にピッタリ。

世界中に利用者がいるため、グローバルな出会いにも期待できます。

Tinderの公式サイトの画像

「Tinder」はこんな10代にぴったり!

・無料でマッチングアプリを利用したい人
・10~20代と気軽に出会いたい人
・海外のユーザーとマッチングしたい人

以上3つは国内でも大手のマッチングアプリで安全面への対策を徹底しているため、18歳の高校生が利用できないように利用規約にしっかり記載されています。

「Pairs(ペアーズ)」 会員数最多でコスパ抜群! 恋人探しに

第1位は「Pairs」。恋活向け・婚活向け・デート向け。「とにかく出会いたい人」におすすめのマッチングアプリです

会員数が多くコミュニティ機能が充実! 地域を問わず出会いあり

Pairs」は、累計2,000万人にダウンロードされている人気のマッチングアプリです。

幅広い年代のユーザーが利用しているため、10代はもちろんのこと20代や30代の方ともマッチングできます。全国各地に会員がいるため、地方住みで異性との出会いが少ない人にもおすすめ。

プロフィールから直接メッセージを送る事ができう上、コミュニティ機能が充実しているため、同じ趣味や価値観を持った相手とも気軽にマッチングできます。

また同性にもメッセージを送れるため、恋愛の相談相手や趣味友作りなど、いろいろな目的に活用できます。

Pairsのコミュニティ機能画像

▲「Pairs」のコミュニティ機能。

「Pairs」のお得情報

「Pairs」では不定期に月額プランの料金が割引になるキャンペーンが開催されます。

また1ヶ月プランで登録するより複数月のプランで登録した方が、1ヶ月あたりの料金がお得になります。おすすめは月あたり1,300円お得になり、期間もちょうどいい3ヶ月プランです。

「Pairs」はこんな10代にぴったり!

・地方でも相手を探したい人
・安全性を重視して出会いを楽しみたい人
・年上の相手と出会いたい人

「Pairs」は、国内最大級の会員数を誇るマッチングアプリです。都道府県別の会員数も多いため、地方在住でも問題なくマッチングできます。

運営が積極的にアプリ内を観察し治安維持に努めているため、悪質なユーザーやサクラもほとんど存在しません

20代から30代が数多く登録しているため、年上との出会いを楽しみたい人にもおすすめです。

  • iOS
  • Android

無料

Pairs(ペアーズ) 恋活・婚活のためのマッチングアプリ

eureka,Inc.

アプリストアを見る
※18歳未満の方は利用できません。

無料

Pairs-恋活・婚活・出会い探しマッチングアプリ

eureka Inc.

アプリストアを見る
※18歳未満の方は利用できません。

「タップル(tapple)」 シンプルな操作性で人気! 気軽なデート相手探し

第2位は20代からの人気が非常に高い「タップル」。趣味の数だけ出会いがあるマッチングアプリです。

デートプランやおでかけ機能の利用でデート相手が探しやすい

タップル」に登録すると、デートプランやおでかけ機能と呼ばれる便利なマッチング機能を利用することができます。

デートプランは、自分の好きなことや遊びに行きたい場所から相性の合う相手を探せる機能です。

プロフィールを見るだけで相手の趣味嗜好や理想的なプランを確認できます``。きちんと段取りをしてデートをしたいという人におすすめの機能です。

おでかけ機能は、気になる相手と24時間以内にデートできる機能です。時間や場所さえ合えば、アプリ内で接点がない相手とも気軽に食事やデートを楽しめます。すぐに相手と出会えるため、異性とのコミュニケーションに慣れたいときに利用するのもおすすめです。

タップルの公式サイトの画像

また『タップル』には理想のデートプランを表示できる、”ウィッシュカード”機能があります。

例えば「海岸沿いをドライブデート」「アウトレットで買い物」といったカードがあります。自分からは「こんなデートがしたい」と切り出しにくいときに活用してみましょう。

学校にアルバイトに忙しい10代だからこそ、予定が空いたタイミングで気軽に出会える『タップル』はおすすめです。

「タップル」のお得情報

タップルではアプリ内で設定されたミッションをこなすことで、一定期間無料でメッセージし放題になるサービスが用意されています。

ミッション内容は「ABEMAプレミアムの無料体験に登録で、10日間メッセージし放題」など。お小遣いやアルバイト代のやり繰りが大変な10代にとって、非常に嬉しいサービスですね。

「タップル」の口コミ

「タップル」はこんな10代にぴったり!

・マッチングのしやすさを重視する人
・趣味の合う人と出会いたい人
・気軽に食事やデートをしたい人

「タップル」は、趣味きっかけで仲良くなりやすいマッチングアプリです。簡単なスワイプ操作だけで相手のプロフィール写真が表示されるため、フィーリングの合う人と効率的にマッチングできます。

ウィッシュカードにより相手の趣味嗜好を事前に確認できるため、価値観の合わない相手とマッチングすることもほとんどありません

おでかけ機能に加えてオンラインデート機能などもありますので、気軽に異性と食事やデートを楽しめます。

バイトや学校が忙しく異性と出会う機会が少ない10代におすすめのマッチングアプリです。

  • iOS
  • Android

無料

タップル-マッチングアプリで恋人を探そう

Tapple, Inc.

アプリストアを見る
※18歳未満の方は利用できません。

無料

タップル-マッチングアプリで婚活/恋活/出会い探し

Tapple, Inc.

アプリストアを見る
※18歳未満の方は利用できません。

「with(ウィズ)」 10代の恋活に大人気! 内面重視のお相手探し

第3位は、相性占いや恋占いでマッチング相手と出会える「with」。

好みのカードや診断イベントの積極的な利用が出会いを広げる

恋愛は趣味から始まることも多いものです。仮に恋愛関係に発展しなくとも、趣味友として繋がっておきたいという相手がいる人も多いのではないでしょうか。

with」には、好みカードや診断イベントといった、自分好みの人とマッチングしやすくなる機能が豊富に用意されています。

好みカードとは、グルメやアニメといったカテゴリー別に自分の好きなものを簡単に表示できるツールのことです。同じカテゴリーを選ぶと相手のプロフィール欄に「共通点3個」という風に表示されます。自分と価値観の合う相手を探したいときにおすすめです。

診断イベントは、スムーズに相性のよい異性を見つけられるツールです。簡単な質問に回答するだけで、自分と相性のよい相手とマッチングできます。毎日無料で「メッセージ付きいいね」を10回まで送れますので、お金をかけずに相手を探したいときにおすすめです。

withの公式サイトの画像

「with」のお得情報

「with」では不定期に月額プランのキャンペーンが開催されています。新規登録後24時間限定割引などがあるので、アプリ内のお知らせを要チェック。

「with」の口コミ

「with」はこんな10代にぴったり!

・容姿に自信がない人
・最初のアプローチが苦手な人
・相手とじっくりコミュニケーションをとりたい人

「with」は顔写真以外でもPRしやすいものが多いので、容姿に自信がない人にもおすすめです。性格診断や好みカードなどを利用することで、自分と同じ趣味や価値観を持っている相手と出会えます。気軽な出会いから結婚を考えた真剣な出会いまで、幅広く活用できるマッチングアプリです。

  • iOS
  • Android

無料

出会い with(ウィズ) マッチングアプリ

with inc.

アプリストアを見る
※18歳未満の方は利用できません。

無料

マッチングアプリならwith(ウィズ) -婚活・出会い・恋活

株式会社with

アプリストアを見る
※18歳未満の方は利用できません。

「恋庭(こいにわ)」 基本無料のゲーム×マッチングアプリ。庭が育てば恋が実る

第4位はゲームで出会えるマッチングアプリ、基本無料も嬉しい「恋庭」です。

カップルで協力して庭造り。共通の目標があるから会話もスムーズ

マッチングした相手と協力しながら庭を育てていく、他にないゲーム×マッチングアプリ。少しずつ庭が綺麗になっていく達成感を共有できるのが、「恋庭」ならではの魅力。

マッチング相手とはチャットでやり取りも可能で、「庭を育てる」という共通の目標があるため会話が続きやすい点も見逃せません。

「恋庭」のお得情報

恋庭は基本無料のため、誰でも気軽に始められます。また「○○万DL達成」や1周年などの節目ではキャンペーンが開催されることがあり、オーブ(いわゆるガチャ石)やアイテムが配布されます。無課金でも長く続けていれば、それだけゲームを進めやすくなっています。

「恋庭」の口コミ

「恋庭」はこんな10代におすすめ

・コツコツ続けていくタイプのゲームが好きな人
・ゲーム好きの異性と出会いたい人
・顔写真の公開に抵抗がある人

⑤「CoupLink(カップリンク)」街コンの応募もできる!独自機能が満載

第5位は「CoupLink」。日本最大級の街コン・婚活パーティー情報サイト「machicon JAPAN(街コンジャパン)」と連携できるアプリです。

マッチング前にビデオ通話も可能。まずは話してみたい人におすすめ

アプリから「街コン」に応募できるのが最大の魅力。中には「平成生まれ限定」のパーティーもあり、10代同士での出会いにも期待できます。

また、マッチング前でも5分間の音声通話かビデオ通話ができる「はなそうよ」機能もユニーク。女性が話す時間や男性の条件を設定し、「いいね」を送っていない相手ともオンラインで通話が可能です。まずはしゃべって、ゆっくり相手を見極めることができます。

「CoupLink」のお得情報

30人分のいいねが無料になる10分間の「FeverTime」が不定期で開催されることがあります。「さがす」画面で発生することがあるので、チャンスを見逃さないようにしましょう。

「CoupLink」はこんな10代にぴったり!

・街コンに参加して直接相手と会話をしたい人
・まずは通話で相手を見極めたい人
・1対1のデートを楽しみたい人

オトナと出会いたい10代にマッチングアプリ4選

10代の方でも、年上が好みの方もいるでしょう。大人世代が中心のアプリもあわせて紹介していきます。

「Omiai(オミアイ)」

「Omiai」は真剣な恋活、婚活が目的の利用者が多いアプリ。Applivが行った調査によると、30代男女の利用率が約40%を占めています。

2021年に個人情報の流出が問題となりましたが、現在はしっかりと安全対策を行っているためご安心を。一例を挙げると、不適切なユーザーにはイエローカードが表示され、要注意人物が一目でわかるようになっています。

「Match(マッチドットコム)」

利用者の60%以上が1年以内に成婚している、マジメな婚活にぴったりの「Match」。30代男女の利用率が約40%を占めます。

アメリカ発のサービスで、世界24ヶ国、15言語に対応。「人種」「信仰」「政治観」など、検索項目が充実。さらには同性の検索もでき、幅広いニーズに応えてくれます。

10代は年齢と共に視野を広げていきたい世代。「Match」はグローバルな出会い、マイノリティの出会いにぴったりです。

「youbride(ユーブライド)」

成婚実績No.1を掲げる「youbride」。先述の「Omiai」、「Match」よりもメインの年齢層が高めで、40代の利用率が約35%、30代は約20%となっています。

本記事で紹介するアプリの中では、特に婚活意識の高いアプリ。晩婚化が進む昨今ですが、早くから結婚を意識した10代におすすめです。

「ゼクシィ縁結び」

ブライダル情報誌「ゼクシィ」でおなじみのリクルートが運営する「ゼクシィ縁結び」。先ほどの「youbiride」より若干年齢層が低めで30代男女の利用率が約35%となっています。

「ゼクシィ縁結び」と「youbride」はどちらも婚活意識が高いため、目的の年齢層で選ぶと良いでしょう。

また「ゼクシィ縁結び」では価値観診断があるのもポイント。歳が離れるとジェネレーションギャップが生まれがちですが、価値観診断のおかげで年齢差を埋めてくれる相手が見つかりやすくなっています。

「ゼクシィ縁結び」

10代が最も使っているマッチングアプリは? 月間利用者数で比較!

「10代が多く使っているマッチングアプリはどれ?」と気になる方のために、アプリ毎に月間利用者数を調査しランキングを作成しました。

10代のマッチングアプリ 月間利用者数ランキング

10代のマッチングアプリ月間利用者数ランキング

調査の結果、10代に最も使われているマッチングアプリは「Pairs」であることがわかりました。その月間利用者数は2.8万人以上で、特に恋人を探したい層に多く利用されています。

続いて多かったのは「タップル」。月間利用者数は2.6万人以上と「Pairs」に近いですが、より気軽な出会いを求めているの層からの人気があるようです。

とにかく一番人気のアプリを使いたい方は「Pairs」、迷っている方は「タップル」や「with」などいくつかインストールしてみて実際に比べてみるのもよいでしょう。

10代がマッチングアプリを選ぶ3つのポイント

10代が自分に合ったマッチングアプリを選ぶ3つのポイントについて解説します。

同年代の利用者が多いこと

10代の方は、同年代が多いマッチングアプリのほうが出会いやすいでしょう。

たとえば30代前後の方がメインのアプリでは、結婚相手を探している方が多くいます。そのため10代が彼氏・彼女探しをするのは難しいですね。

また年齢層が高いアプリでは、利用料金を高く設定しているサイトが多いです。学生や社会人になりたての10代にとっては、月額費が負担になるでしょう。

そのため10代の方には、同年代や20代の若者に人気の『Pairs』や『Tinder』をおすすめします。

安全性・機密性が高いこと

マッチングアプリ選びで重要なのが、安全に利用できるかどうかです。

未成年である10代は、知らずにトラブルに巻き込まれたり、犯罪の被害者になったりするケースが少なくありません。

以下の機能があるか、まず確認してから登録しましょう。

・ブロック機能がある
・プロフィールの公開設定を変更できる
・24時間365日の監視体制
・本人確認や年齢確認を行っている

また登録者数が多く、知名度があるマッチングアプリのほうが、運営側のサポートが手厚い傾向にあります。

登録前に安全性をチェック! 安心して彼氏・彼女探しをしましょう。

コスパがいいこと

安さだけでマッチングアプリを選ぶのは危険です。

10代の方は安全に利用するためにも、課金制度があるアプリを選びましょう。コスパ的にも、安全性・出会いやすさで『Pairs』が10代にぴったりです。

とはいえ10代は、月に使えるお小遣いの額も多くないでしょう。

どうしても月額ゼロ円でマッチングアプリを使いたい方は、カスタマーセンターが機能している『Tinder』がおすすめです。

まずは利用料金を比較して、自分の目的に合ったアプリを選びましょう。

10代向けマッチングアプリの料金比較

料金はマッチングアプリによって異なりますが、基本的に有料定額制のアプリは1ヶ月プランを更新し続けるより、複数月をまとめて購入した方が1ヶ月あたりの料金が安く利用できます。

例えば「Pairs」の1ヶ月プランを12ヶ月更新し続けると合計57,600円かかりますが、12ヶ月まとめて購入すると35,800円も安い21,800円で利用できるのでお得です。

3ヶ月や12ヶ月など活動期間を決めているなら、複数ヶ月プランを購入すると活動費用を抑えられますよ。

10代のマッチングアプリ攻略法! 5つの出会うコツ

10代におすすめのマッチングアプリはわかったものの、具体的にどのように理想の相手と恋活を楽しめばよいのか、わからない人も多いのではないでしょうか。勉強やバイトが忙しくて、恋活にあまりお金をかけたくないという人もいるかもしれません。

ここでは、理想的な相手と恋活したい人向けに、マッチングや出会いの確率を上げるポイントについて解説します。課金しても後悔しないような方法や、10代ならではの出会いのコツについても解説しますのでぜひ参考にしてください。

10代ならではの出会いのコツ

0. マッチングアプリで若さは大きな魅力。新規会員はもっと有利
1.恋人探し or デート相手探し【目的別】でアプリ使い分けが鉄則
2.メインのプロフィール写真が命! 面白そう・楽しそうで印象づけ
3.自己紹介文も目的ごとに差別化! 10代ウケがいいのは短文
4.メッセージにも“親しみやすさ”をプラス
5.ゆとりを持たせた条件設定

0. マッチングアプリで若さは大きな魅力。新規会員はもっと有利

冒頭でも触れましたが、10代~20代の若い世代は、それだけでマッチングアプリでは魅力になります。

マッチングアプリのメイン層は20代のため、若い人同士で仲良くなりやすい環境と言えます。30代以上の多くの人が、「若い人と付き合いたい」という願望を抱いている点も見逃せません。

また多くのマッチングアプリで、新規会員は優先的におすすめされるシステムが搭載されています。若さという武器とあわせて利用すれば、よりモテ気分を味わえるでしょう。

1.恋人探し or デート相手探し【目的別】でアプリ使い分けが鉄則

マッチングアプリは、自分の目的に合わせて使い分けましょう。マジメな恋活(恋人探し)と、気軽な遊び(デート相手探し)目的に分けるのが一般的です。

たとえばマジメな恋活をしたい場合は、ユーザー数が多く運営体制もしっかりしている「Pairs」を利用するのがよいでしょう。

相手の内面を重視する場合は、好みカードで相手との共通点を確認できる「with」や、ウィッシュカードで相性のよい相手を探せる「タップル」がおすすめです。

逆に即日デートできる相手を探したい場合は、デート相手を募集する機能がある「CoupLink」や、男女ともに気軽に相手を探せる「Tinder」をおすすめします。

自分の目的や予算などに応じて、どのマッチングアプリを利用するのか決めましょう。

2.メインのプロフィール写真が命! 面白そう・楽しそうで印象づけ

InstagramやTikTokなど写真・動画メインのSNSが流行していることからもわかるように、10~20代前半の若い世代は「読む」よりも「見る」が基本だといえます。そのためマッチングアプリのプロフィールでも、写真により力を入れる必要があります。

特にメイン写真はプロフィール画面で最も目立つ部分なので、一瞬で相手の興味を引けるものにしましょう。

一般的には笑顔の正面写真がよいとされていますが、10~20代前半の若い世代に限っては、「どんな人なんだろう?」「雰囲気がおしゃれだな」「面白そうな人だな」など中身にも興味を持ってもらえそうなアングル・表情を意識してみるのもよいでしょう。

3.自己紹介文も目的ごとに差別化! 10代ウケがいいのは短文

自己紹介文は、プロフィール写真の次に見られるところです。メッセージのやり取りに繋がる重要な要素なので、相手から好印象をもたれるような内容にしましょう。

たとえば恋人を作りたいときは、アプリに登録した目的や仕事、好きなことなどをしっかりと記載して、誠実さをアピールすることが大切です。気軽に友達を作りたいときは、フランクな口調にしたり絵文字を使用したりするなどして、親しみやすさをアピールしましょう。

何を書けばよいか分からない場合は、以下の項目から必要な部分だけピックアップすることをおすすめします。

・挨拶
・アプリを利用している目的
・マッチングしたい相手のタイプ
・趣味や好きなこと
・デート先や遊べる場所

10~20代前半の若い世代は、「読む」より「見る」が基本ですので、全体として長文よりも短文を意識しましょう。「!」「~」などの記号や絵文字を活用して、陽気さや親しみやすさを演出するのもおすすめです。

以下で、「真面目に恋活したい方向け」と「気軽に出会いたい方」向けの例文をご紹介します。

【自己紹介文の例:真面目に恋活したい方向け】

はじめまして、18歳の大学生で○○といいます!

プロフィールを見てくれてありがとうございます。

大学でもバイト先でも出会いがなくて、アプリに登録してみました。

・休日はカフェ巡り
・元サッカー部
・お調子者
・猫派

1つでも当てはまる人がいたら、いいねとかメッセージをもらえると嬉しいです!

【自己紹介文の例:友達作り/気軽に出会いたい方向け】

はじめまして!

最近、料理にハマっている大学生です

料理好きな人はいいね押してね(*'ω'*)

4.メッセージにも“親しみやすさ”をプラス

マッチングアプリでは顔が見えないコミュニケーションが多くなるため、基本的に丁寧で誠実な対応をしなくてはなりません。

しかし、あまりに敬語や堅苦しい表現を使いすぎると、相手も気を使ってしまい関わりづらいと思われてしまう可能性もあります。

そのためメッセージをやり取りする際は、「そうなんですか。休みの日は何をしているのですか?」といった教科書的な返答ではなく、「そうなんだ!夏休み中はバイトしてるのー?」といった適度に親しみやすさをプラスした会話を意識するのがよいでしょう。失礼になりすぎない程度にフランクに接して、自然と相手との距離を縮めていくことが大切です。

スマートフォンのイメージ

5.ゆとりを持たせた条件設定

マッチングアプリの条件設定は、年齢や地域など最低限のものだけにして、ある程度ゆとりを持たせましょう。年齢や身長、年収などで相手の条件を厳しく設定しすぎると、対象外のユーザーが多くなり、マッチングの確率が下がります。

特に10代は学校やバイト先などでの出会いがあるため、他の年代と比べてマッチングアプリの利用者が多くありません。条件を細かく設定しすぎると、マッチングの確率が下がりますので注意が必要です。

以下のように最低限の条件設定にすることをおすすめします。

【条件設定の例】

【年齢】18~20歳
【学歴】問わない
【身長】問わない
【年収】問わない
【出身地】問わない
【居住地】都内
【結婚願望】問わない
【出会う条件】メッセージで仲良くなってから

17歳以下はマッチングアプリの利用NG

まず先に覚えておかなければいけないことを確認しましょう。

「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律(通称、出会い系サイト規制法)」により、マッチングアプリや出会い系サイトの運営者は、17歳以下(18歳未満)は利用できないよう努めなければなりません。

(定義)
第二条 この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。
一 児童 十八歳に満たない者をいう。
出典元: インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律 | e-Gov法令検索
(インターネット異性紹介事業者等の責務)
第三条 インターネット異性紹介事業者は、その行うインターネット異性紹介事業に関しこの法律その他の法令の規定を遵守するとともに、児童によるインターネット異性紹介事業の利用の防止に努めなければならない。
出典元: インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律 | e-Gov法令検索

出会い系サイト規制法の遵守のため、多くの真っ当なマッチングアプリでは年齢確認が行われています。18歳以上を証明してはじめてメッセージのやり取りができる仕組み。

法律で禁止されているだけでなく、そもそも17歳以下がマッチングアプリを使おうとしても出会えません。

18歳以上でも高校生は利用不可のマッチングアプリも

もう一つ覚えて置かなければいけない点として、18歳以上でも高校生の利用を禁止しているマッチングアプリが多くあります。

第3条 (会員資格等)

1.本サービスは、18歳以上(高校生は除く)の方で、かつ、独身(現在離婚している方も含む)である方のみが利用可能なサービスとなります。
出典元: with 利用規約

もし18歳以上の高校生でマッチングアプリを利用したい場合は、各種サービスの利用規約をよく確認しましょう。

下記に一例として、高校生利用不可の旨が明記されているマッチングアプリ、明記されていないマッチングアプリを挙げていきます。

高校生利用不可が明記されているマッチングアプリ(一例)

以下のマッチングアプリは利用規約中の「利用資格」に「高校生を除く」と記載されているため、10代でも高校生は利用できません。

高校生利用不可が明記されていないマッチングアプリ(一例)

以下のマッチングアプリは利用規約中の「利用資格」や「禁止行為」において、高校生利用不可とは明記されていません。

しかし、あくまで「明記されていない」であり、利用可能が確定しているわけではないため注意が必要です。

マッチングアプリ利用時の注意点。覚えておくべき3つのこと

10代がマッチングアプリを利用する際に注意したいポイントを3つ紹介します。

注意喚起のイメージ

大学生は詐欺やマルチ商法の勧誘業者に狙われやすい

マッチングアプリでは、運営業者とまったく関係ない勧誘業者と出会う可能性があるので注意が必要です。

勧誘業者は、ビジネスの勧誘や詐欺、援助交際などを行い、最終的に利用者からお金を騙し取ることを目的としています。

「社交的で友達が多い」「ビジネスで成功している」などポジティブな面をアピールするユーザには近づかないようにしましょう。

特に大学生は魅力的な誘いに興味を示しやすい時期ですので、不自然な勧誘には注意してください。

ヤリモク・暇つぶし目的のユーザーに注意

マッチングアプリには、ヤリモク(体目的)や暇つぶし目的のユーザーも登録しているため警戒しましょう

特に10代女性は男性からの人気が高いため、ヤリモクや暇つぶし目的で近づいてくるユーザーも多いです。

すぐに会おうとしたり、タメ口で馴れ馴れしくメッセージを送ってきたりする人**には特に注意しましょう。

「インターネット異性紹介事業」の届出をしていないアプリは危険

マッチングアプリや出会い系サイトを運営するには「インターネット異性紹介事業」の届出をし、国から認可を得る必要があります。

本記事で紹介したアプリは、すべて「インターネット異性紹介事業」の届出をしており、ガイドラインに基づいて運営しています。

一方、中には「無料で出会える」という謳い文句で宣伝を行っているアプリがあります。もしそのようなものを見つけた時は、まず「インターネット異性紹介事業」の届出をしているか確認しましょう。

もし届出が見当たらない場合は、国の認可を受けていない危険なアプリの可能性が高いです。

危険なアプリは、ぼったくり、サクラ、業者などのリスクが段違い

具体的な危険性を挙げると、不当に高額な料金を請求するぼったくり、有料登録への誘導のために運営が用意した偽ユーザーのサクラ、アプリ内に紛れ込み詐欺行為を行う業者などが挙げられます。

このうち業者は、Pairsなどにも紛れ込む可能性があります。ですがぼったくりとサクラは、発覚した際の信用失墜などのリスクを考えると、存在する可能性はゼロに近いと言えます。

業者に関しても、監視体制が敷かれているアプリが多数あります。「インターネット異性紹介事業」の有無で、安全性は段違いです。

マッチングアプリの気になるQ&A

最後に、マッチングアプリの気になるポイントを確認していきましょう。

Q&Aのイメージ

マッチングアプリは合法?

マッチングアプリは国に「インターネット異性紹介事業」に届出をしたうえで、そのガイドラインに沿って運営されています。つまりマッチングアプリは合法です。

また「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律(通称:出会い系サイト規制法)」も存在しており、法整備が整っています。

身バレが心配

完全に身バレを防ぐ方法は残念ながら存在しませんが、可能な限りの身バレ対策はあります。

・スマホのホーム画面にマッチングアプリを置かない
・Facebook連携を使う(Facebookの友だちとマッチングしなくなる)
・Pairsの「プライベートモード」など各アプリごとに用意された身バレ防止機能を使う
など

なお特に身バレしにくいアプリは「恋庭」。アバターを使うため顔写真を載せる必要がなく、プロフィールが少しずつ公開される仕組みとなっているためです。

身バレ対策について詳しくはこちら

app-liv.jp

支払い方法は? クレジットカードなしで使える?

マッチングアプリではApple ID決済、Google Play 決済に対応。クレジットカードがなくても、コンビニなどで売っているPOSAカード(Appleギフトカード、Google Playギフトカード)で支払いができます。

なおPairsは専用の「Pairsプリペイドカード」を販売しています。「Pairsプリペイドカード」は全国のミニストップとドン・キホーテで購入可能です。

親に黙って使える?

マッチングアプリは利用資格をクリアしていれば、親に黙って使うことができます。親に恋活していることを知られたくないという人も利用しやすいです。

しかし、2022年4月の民法改正により成人年齢が18歳に引き下げられたことで、20歳未満の利用者が「マッチングアプリで知り合った人に高額商品を売りつけられた」「悪質なサイトを利用して膨大な料金を支払った」などの契約や金銭トラブルに巻き込まれても未成年契約取り消しができなくなってしまいました。

安全対策をしっかり行っているマッチングアプリを選び、危険なユーザーには注意しましょう。

※未成年契約取り消し…未成年者が親の同意を得ずに行った契約を取り消すことができる権利のこと。

大学生向き?10代社会人でもマッチする?

マッチングアプリなら、大学生だけでなく10代の社会人でもマッチングします。

マッチングアプリによって利用者の年齢層や目的などの特徴が異なります。出会いたい人の年齢層や恋活と婚活どちらを目的としているのかなど、自分にあったマッチングアプリを選ぶとマッチングしやすくなるでしょう。

10代はマッチングアプリを上手に使って出会いを広げよう

マッチングアプリは、月数千円の出費で数多くの異性と出会える便利なツールです。合コンや街コンよりも魅力的な異性と会える可能性が高いため、積極的に活用しましょう。バイトや学校が忙しくて時間が取れない人こそ利用することをおすすめします。

今回は、10代でも気の合う相手や恋人を見つけやすいマッチングアプリを5つご紹介しました。いろいろ試してみて、自分に合った恋活を楽しんでください!

マッチングアプリ年代別おすすめ記事

10代におすすめのマッチングアプリ 人気11選
20代男女におすすめマッチングアプリランキング
30代男女におすすめなマッチングアプリランキング!
40代におすすめマッチングアプリ9選
中高年の出会いにおすすめマッチングアプリ5選
熟年層(シニア)・60代が出会えるマッチングアプリ

こちらの記事もおすすめ

app-liv.jp

app-liv.jp