【2022年】FTMやトランスジェンダーの出会いの場・方法7選! おすすめマッチングアプリも

FTM(Female To Male)の方の中には、出会いのきっかけを作れずに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、FTM・トランスジェンダーの方におすすめの出会いの場・方法を7つ厳選しました。また、特に出会いやすくおすすめの手段であるマッチングアプリも紹介します。

出会い探しやマッチングアプリを利用する際のポイントや注意点にも触れているので、アプリに抵抗のある方や、はじめてアプリに登録するFTMの方もぜひチェックしてみてくださいね。

目次

FTM(Female To Male)の出会いの場・方法7選

FTMの出会いの場・方法

そもそもFTMとは「Female To Male」の略で、意訳すると「男性として生きたい女性」といった意味があります。セクシャルマイノリティ・セクシュアルマイノリティ(セクマイ)の一種を表す言葉と考えても良いでしょう。そんなFTMの方の主な出会いの方法は以下の7つです。

<FTMの出会い方7選>

①出会い系アプリ・マッチングアプリ(おすすめ)
②SNS
③掲示板
④サークルや団体
⑤イベント
⑥LGBTバー・LGBTカフェ
⑦職場や学校での出会い

それぞれの方法をわかりやすく解説しましょう。

①出会い系アプリ・マッチングアプリ

出会い系アプリ・マッチングアプリでは、出会いを求めている人が登録し、お互いに興味をもった場合、メッセージのやり取りができるようになります。中には、セクシャルマイノリティに特化したアプリや、セクマイを対象にしたアプリも多く存在します。

同じ目的や似た境遇の人が集まっているので、出会いの可能性はとても高いでしょう。マッチング後はメッセージを交換しながら連絡先を交換するか、実際に会うかどうかなどを検討できます。ただし、「写真とは全然違う人が来た」などのトラブルには注意が必要です。

当サイトでは、サイト内のパトロールが厳しく、なりすましや詐欺行為のリスクが低い以下のアプリをおすすめします。

<FTMの方におすすめのアプリ>
ハッピーメール(android!https://app-liv.jp/r/happymail/)
PCMAX(android!https://app-liv.jp/r/pcmax/)
ワクワクメール(android!https://app-liv.jp/r/wkwkmail/)
Tinder

詳細は後ほど解説するので、気になるアプリを見つけてみてくださいね。

FTMが出会えるマッチングアプリ解説へ

②SNS

TwitterやInstagramなどのSNSでは、多くのトランスジェンダー・セクシャル(セクシュアル)マイノリティが投稿をしています。パートナーを探している人もいれば遊び相手を探している人もいて、利用の目的は人によってさまざまです。

普段の投稿をチェックできるので、人となりを知ったうえでコンタクトを取れる点がSNSの特徴といえるでしょう。基本的には完全無料で、金銭的な負担もかかりません。しかし、出会いを求めてSNSを行っている人は決して多数派ではありません。

迷惑だと思われる可能性もあるので、いきなり連絡はせず慎重に信頼関係を深めてから行いましょう。

出会った後に重大な犯罪に巻き込まれたという事例もあり、トラブルへの警戒は必要です。

③掲示板

インターネット上にはFTM専用の掲示板も存在します。

マッチングアプリやSNSが台頭するまでの間、インターネットを利用した出会いの場として主役の座にあったのは掲示板でした。

SNSと比べて、なりすましのリスクはさらに高くなりますが、素性を隠しやすいという特性上、割り切った関係を求める人が多いです。

素早くそういった関係をもちたいと考えているならば利用する価値があるでしょう。なお、FTMが対象の主な掲示板は以下のとおりです。

<FTMが対象の掲示板>

・FTMBOYRANK
・FTM×GAY掲示板
・ワクワクメールなどマッチングアプリ内の掲示板

④サークルや団体

セクマイに関する世間の理解度は日増しに高まっており、FTMの方を対象にしたサークルや団体も増えてきました。趣味を通じながらパートナーを見つけられるのが、サークルや団体に加入するメリットです。

スポーツや飲み会などを通して、自然な出会いを恋愛に発展させたいと考えている人にも向いています。

地方にはサークルや団体がまだ少ないというデメリットはありますが、直接顔を見ながら出会いを探せる方法なので、近くでイベントが開かれるならば積極的に参加してみましょう。

⑤イベント

FTMを専門に集めるイベントが開催されることもあります。会場としてはバーなどで開催されることも多く、セクマイ同士で出会って交流できます。

お酒を飲みながら仲良くなりたいと考えている人や、顔を見合わせて話しながらパートナーを探したいという人は特に向いているでしょう。 ただし、FTM以外のLGBTを受け入れるイベントもあるため、目的にマッチした相手を見つけられるとは限りません。

⑥LGBTバー・LGBTカフェ

多様なセクシャリティの方が利用している、LGBTバーやLGBTカフェで出会いを探してみるのもよいでしょう。

ごく自然な形で出会えることが特徴的で、お酒と恋愛の両方を同時に楽しめるのは魅力的です。女性が恋愛対象のFTMの方だけでなく、ゲイとして男性と出会いたいFTMの方でも出会いを見つけやすいですよ。

気合いを入れてイベントに参加するほどではないという人や、サークルや団体に参加する勇気がないという人へ特におすすめできます。

⑦職場や学校での出会い

数は多くありませんが、学校や職場など日々の生活にも出会いはあります。ガツガツしていない人と出会いたい場合は、日常の出会いに期待しましょう。

とても大きな勇気と決断は必要ですが、FTMであることをカミングアウトすれば、理想的なパートナーを紹介してもらえるかもしれません。

FTMの出会いはマッチングアプリがおすすめ!

FTMの出会いにはマッチングアプリがおすすめ

FTMの出会いにもさまざまな形はありますが、以下の理由からマッチングアプリを使って出会うことをおすすめします。

<FTMの出会いにマッチングアプリをおすすめする理由>
・ネットを活用することで多くの人と出会える
・プロフなどを活用すれば理想的な人と出会える
・リアルな友人、知人に内緒で探せる

また、FTMの方が利用しやすいマッチングアプリは以下の4つです。

<FTMの方におすすめのマッチングアプリ>
ハッピーメール(android!https://app-liv.jp/r/happymail/)
PCMAX(android!https://app-liv.jp/r/pcmax/)
ワクワクメール(android!https://app-liv.jp/r/wkwkmail/)
Tinder

それぞれのアプリの特徴を解説します。

①ハッピーメール

「ハッピーメール」公式サイトはこちら

ハッピーメールは会員数が多く、とても活発なマッチングアプリです。さまざまなタイプの人と出会えることが特徴で、検索画面では同性も指定できます。

「ハッピーメール」の累計利用者数は約3,000万人以上で、日本国内のマッチングアプリとしては圧倒的な実績を誇ります。

掲示板のジャンルが豊富で、異性・同性どちらが恋愛対象でも出会いやすいのがメリットです。

また、細かい条件で絞り込んで相手を検索できることもポイントで、好みの人を見つけやすいように作られています。

<ハッピーメールがおすすめの人>
・実績があり信頼できるマッチングアプリを利用したい人
・同性の会員が探しやすいマッチングアプリを利用したい人

②PCMAX

「PCMAX」公式サイトはこちら

気軽に話せる友達から見つけてみたいというセクマイの方には、遊び目的の人も多く、フランクに出会えるPCMAXがおすすめです。こちらも実績十分のアプリ。

PCMAXには「マイノリティ」専門の掲示板があり、多くのセクシャルマイノリティによる書き込みで賑わっています。

真剣な恋愛や婚活を目的に利用している人もいますが、遊び目的の人もおり、それぞれが利用している目的をプロフィールから確認することも可能です。重くなりすぎず、日常会話ができるような相手を探したいという人にも向いていますよ。

<PCMAXがおすすめの人>
・フランクに話せる相手を見つけたい人
・アクティブユーザーが多く、レスポンスの速いマッチングアプリを利用したい人

③ワクワクメール

「ワクワクメール」公式サイトはこちら

本人確認のためのシステムが充実していて、安心して出会える相手を見つけられるマッチングアプリがワクワクメールです。

ワクワクメールには「セルフィー認証」という機能があります。

これは、登録時の身分証明書と本人の自撮り画像が一致していることを示す機能で、認証マークがついているユーザーなら、業者などの悪質ユーザーのリスクはありません。

また、コミュニティ機能の中には「LGBT」のコーナーもあり、信頼できるパートナーを見つけやすいことも特徴的です。

<ワクワクメールがおすすめの人>
・サクラや業者にだまされず、マッチングアプリを利用したい人
・コミュニティ機能を利用して多くのセクマイと交流を図りたい人

  • iOS
  • Android

無料

出会い - ワクワク(わくわく)-マッチングアプリ

WAKUPL,Inc.

アプリストアを見る
※18歳未満の方は利用できません。

無料

出会いのワクメ-友達・恋人探しアプリ-登録無料

ワクメサポートチーム

現在、配信が停止されています

※18歳未満の方は利用できません。
AndroidユーザーはWeb版から
Web版『ワクワクメール』

④Tinder

「Tinder」公式サイトはこちら

誰でも基本無料で利用でき、有料会員数だけでも全世界に500万人以上というTinderもFTMの方におすすめです。

Tinderでは、マッチしたい性別と自分の性別、性的志向を選択できます

性別を表示しなくても良いという点も特徴的で、セクマイへの理解が進んでいるのも嬉しいポイントです。

基本無料で利用可能で、マッチングできれば課金なしでメッセージの送受信ができます。遊び目的の人が多く、目的が一致していればストレスなく深い関係へと移れるはずです。

<Tinderがおすすめの人>
・セクシャルマイノリティへの理解が進んでいるマッチングアプリを利用したい人
・遊び目的がメインで利用したい人

FTMがマッチングアプリを利用する際の2つのポイント

FTMがマッチングアプリを利用する際の2つのポイント

FTMの方がマッチングアプリを利用する際は、以下の2点を意識しましょう。

<FTMの方がマッチングアプリを利用する際の2つのポイント>
①FTMであることをプロフィールに記載する
②アプリ内の掲示板を利用する

それぞれ詳しく解説します。

①カミングアウト可能な場合には、FTMであることをプロフィールに記載する

FTMに対して理解がある人や、FTMの人を探している人と出会うためには、自分自身のプロフィールにFTMであることを記載しましょう。

先回りしてカミングアウトしておけば、相性の良い登録者と交流をもちやすくなりますし、属性を明かした後に連絡が途絶えて傷つくおそれもなくなります。

②アプリ内の掲示板を利用する

アプリ内の掲示板は多くの人が閲覧しているので、積極的に書き込んでアピールしましょう。

タイトルに具体性をもたせることや、セクシャリティ・見た目・オペ・年齢・希望する関係性など多くの情報を伝えることがポイントです。ここで嘘をついたり、隠しごとをしたりすると、後からトラブル・別れ・すっぽかしの原因になり得るため注意が必要です。

FTMがマッチングアプリを利用する際の3つの注意点

FTMがマッチングアプリを利用する際の3つの注意点

FTMの方がマッチングアプリを利用する際は、以下の3点に注意しましょう。

<FTMの方がマッチングアプリを利用する際の3つの注意点>
①個人情報を必要以上に教えない
②最初に会うときは自宅や最寄り駅は避ける
③危険なマッチングアプリは使わない

それぞれを詳しく解説します。

①個人情報を必要以上に教えない

マッチングアプリを利用している人の大半は真剣に出会いを求めていますが、残念ながら冷やかしやネカマなどは一定数存在します。

実際に会う前から過度に信頼して、個人が特定されるような情報を明かしてしまうと、情報が流出するおそれもあるため注意しましょう。本名や住所、職場などはできるだけ明かさないようにしましょう。

②最初に会うときは自宅や最寄り駅は避ける

個人情報の件と共通していますが、会うと決まった後もある程度の警戒が必要です。会う場所を決めるときは、自宅に招いたり、最寄り駅周辺のカフェなどを使ったりするのは避けましょう。最悪の場合、ストーカー被害にあうこともあります。

③危険なマッチングアプリは使わない

マッチングアプリの数はとても多く、中には危険なアプリも存在します。料金設定が著しく高い、ぼったくりアプリには注意しましょう。当サイトでおすすめしているマッチングアプリは、対策も充実していて、リーズナブルに利用できるアプリばかりです。

<FTMの方におすすめのマッチングアプリ>
ハッピーメール(android!https://app-liv.jp/r/happymail/)
PCMAX(android!https://app-liv.jp/r/pcmax/)
ワクワクメール(android!https://app-liv.jp/r/wkwkmail/)
Tinder

マッチングアプリを効率よく使いこなすためには、プロフィールでFTMであることを明かし、積極的に掲示板を利用しましょう。また、実際に会う前後は個人が特定されないように注意し、大手が運営するような安全なマッチングアプリを利用することが重要なポイントです。

格段に増えたFTMの出会いの場! おすすめはマッチングアプリ

現在はFTMが出会いを求めやすい環境が整っています。

特に以下のマッチングアプリにはセクシャルマイノリティのユーザーが多く、セクマイが使いやすい機能も充実しているためおすすめです。

こちらの記事もおすすめ

app-liv.jp

app-liv.jp