出会い系アプリでよくあるトラブルを事例とともに解説!予防法や相談方法も

大手の出会い系アプリは運営のサポートやパトロールで犯罪撲滅を目指していますが、残念ながらトラブルに巻き込まれてしまう人はいます。しかし、過剰におそれることはありません。トラブルの事例やパターンを知っておけば、悪質な会員かどうかを見破れ、被害を未然に防げます。

今回は、出会い系アプリでよくあるトラブルと被害事例を一挙公開します。要注意人物の特徴と、トラブルを未然に防ぐための方法を詳しくお伝えしましょう。また、万が一トラブルに巻き込まれた際の相談先についても紹介しているので、ぜひ参考にご活用ください。

app-liv.jp

出会い系アプリでよくあるトラブルと被害事例

出会い系アプリでとくあるトラブルは以下の10種類です。

<出会い系アプリでよくあるトラブル>
・サクラ
・キャッシュバッカー
・強制わいせつ
・脅迫
・結婚詐欺
・高額請求・架空請求詐欺
・売春・誘拐
・誹謗中傷・リベンジポルノ
・投資やマルチ商法などの勧誘
・性犯罪で告訴

それぞれがどういったもので、どんな手口かを解説します。

サクラ

主にまだ繁盛していない出会い系アプリが、主に会員数を水増しすることを目的として、報酬を支払ってアプリを利用させているユーザーが「サクラ」です。サクラとはアプリ上でメッセージの交換はできるものの、実際には出会えません。次に解説する「キャッシュバッカー」とほぼ同義です。

キャッシュバッカー

多くの出会い系アプリが、女性会員を集めるために、アプリの利用法に応じてポイントを支払うシステムが導入されています。集めたポイントは現金や商品券、各社のポイントに変換できる場合が多く、これを目的に出会い系アプリを利用している人がキャッシュバッカーです。

強制わいせつ

特に女性が注意すべきトラブルは、強制わいせつの被害です。真剣な出会いを求めているかのように装って、実際に会ってみると突然襲われるといったケースは少なからず見られます。睡眠薬を飲まされて眠っている間に襲われる「デートドラッグ」の被害にも注意が必要です。

脅迫

個人情報などを握られて脅迫を受けることもあります。特に不倫目的で利用している人や、故意かそうでないかを問わず未成年者と身体の関係をもってしまったりすると、おどしのネタを与えることになってしまうため、注意しなければなりません。

結婚詐欺

将来の結婚を約束して相手を安心させ、お金をだまし取ります。「事業を立て直すために資金が必要」「結婚資金を準備したい」などさまざまな理由をつけてお金を取ろうとします。結婚詐欺は立件が極めて難しく、巻き込まれると厄介な犯罪です。

高額請求・架空請求詐欺

利用している出会い系アプリから別のアプリやサイトへの移動をうながされ、移動先で高額請求や架空請求の詐欺にあうというケースです。利用後に法外な月額料金や利用料金を請求されるというパターンもあれば、URLをクリックした瞬間にフィッシング詐欺にあうというパターンもあります。

売春・誘拐

身体の関係をにおわせてきた相手と会ってみると、関係をもつために金銭を要求されるというトラブルです。売春は違法行為なので、決して手を染めてはいけません。最悪の場合は女性のバックに第三者がついていて、脅迫や誘拐を受けたりする可能性も考えられます。

誹謗中傷・リベンジポルノ

メッセージ上や実際に会った後に暴言をあびせてくる人もおり、誹謗中傷の被害も発生しがちです。また、身体の関係をもった際に画像や動画を撮影、もしくは盗撮されていて、リベンジポルノの被害を受けるというパターンも存在します。

投資やマルチ商法などの勧誘

デートの約束をして現地まで出かけてみると、投資やマルチ商法などの勧誘を受けるという問題も発生しています。待ち合わせをした張本人から勧誘を受けることもありますが、会話をしている途中で第三者と入れ替わったり、待ち合わせ場所に見知らぬ人が現れたりする場合もあるため要注意です。

性犯罪で告訴

同意のうえで性行為に及んだにもかかわらず、事後に合意がなかったと主張されてしまい、性犯罪で告訴されるトラブルが発生する可能性もあります。合意の有無を実証することは難しく、相手方の主張が通ってしまった場合は、社会的信頼を大いに損なうことになるでしょう。

出会い系アプリにおける要注意人物の特徴

可能性は決して高いとはいえないものの、出会い系アプリを利用していると、前述したようなトラブルに巻き込まれるおそれがあります。しかし、要注意人物の特徴をきちんと押さえておけば、そのようなトラブルを未然に防ぐことも可能です。

<出会い系アプリにおける要注意人物の特徴>
・プロフィール写真があまりに美人、イケメン
・寂しがり屋アピールをしている
・写真をしつこく要求してくる
・身体やご飯目的
・態度が失礼
・他のサービスやサイトに勧誘してくる

どうしてこのような特徴がある人物を警戒すべきなのか、これから詳しく解説していきます。

プロフィール写真があまりに美人、イケメン

業者やキャッシュバッカーは、相手の気を引くためにルックスの良い写真を使おうとします。中にはタレントやモデルなどの写真を勝手に自分のプロフィール画像として使い、だまそうとする人もいるため注意が必要です。

出会い系アプリにも美人やイケメンの一般会員はいますが、違和感を覚えるほどの人には警戒しましょう。

寂しがり屋アピールをしている

「寂しい」「構ってほしい」といった言葉をプロフィールやメッセージで多用してくる人にも要注意です。俗にいうメンヘラ的な人物を装って異性を惑わせ、会話を引き出そうとしてきます。

仮に一般会員だとしても、、精神的に不安定な人物である可能性があり、同意があったにも関わらず、後に「性犯罪で告訴」といったトラブルに発展するかもしれません。

写真をしつこく要求してくる

本人かどうかを確認するために「写真を1枚だけ欲しい」と言われることはよくあります。ただし、断ってもしつこく要求してきたり、2枚目・3枚目を要求してきたりする人には注意すべきです。個人情報を集めて悪用しようとしている人にだまされるおそれがあります。

身体やご飯目的

いわゆる「パパ活」や「ママ活」を目的に出会い系アプリを利用している人もいます。現在は当たり前のような習慣になりつつありますが、金銭が絡むと必然的に犯罪に発展する確率は上がるため要注意です。男性の場合は脅迫や告訴沙汰、女性の場合は強制わいせつやリベンジポルノの被害を受けるおそれがあります。

態度が失礼

本当にあなたと出会うつもりのある人ならば、失礼な態度を取ろうとはしないはずです。暴言をあびせてきたり、マウンティングを取り続けたりしてくる人とは会うべきでありません。大きなトラブルには巻き込まれなかったとしても、冷やかし・すっぽかしといった問題を起こされるリスクがあります。

他のサービスやサイトに勧誘してくる

「違うアプリのほうが話しやすい」「このサイトに移動して話したい」というような勧誘をして、見知らぬURLを貼りつけてくる人にも注意しましょう。移動先で法外な利用料金を請求されたり、フィッシングサイトに誘導されたりして、詐欺にあうおそれがあります。

出会い系アプリでのトラブルを防ぐための9つの方法

大手アプリの場合は24時間体制で運営がパトロールを行っていますが、業者やキャッシュバッカーは一般会員を装うため、運営の監視をすり抜けることがあります。出会い系アプリでのトラブルや犯罪から身を守るために、以下の9つの方法を徹底して確認・実行しましょう。

<出会い系アプリでのトラブルを防ぐための9つの方法>
①安全な出会い系アプリの判断基準を知っておく
②個人情報を教えない
③相手のプロフィールを確認する
④自分のプロフィールをしっかり埋める
⑤メッセージのスクリーンショットを撮る
⑥いきなり夜間帯や宿泊をともなうデートはしない
⑦自分の生活圏で会わない
⑧デートで使ったレシートを取っておく
⑨怪しい話には乗らない

こういった対策をすれば、トラブルに巻き込まれるリスクを大幅に引き下げられます。また、万が一トラブルに巻き込まれたとしても、その後の状況を有利にすることができるでしょう。9つの項目をそれぞれ詳しく解説していきます。

①安全な出会い系アプリの判断基準を知っておく

第一に、安全性の高い出会い系アプリを利用することが重要です。安全なアプリかどうかを判断する基準として、以下の3項目に注目しましょう。

<安全な出会い系アプリの判断基準>
・年齢確認がある
・24時間体制のサポートがあるか
・運用会社の規模が大きいか、上場企業の関連会社か

こういった条件を満たしている出会い系アプリなら、業者や詐欺師からねらわれる確率が下がります。また、万一トラブルが発生した場合も、運営会社によって細かなサポートを受けられるでしょう。上記3つの項目がなぜ大切なのか、詳しく解説します。

年齢確認があるか

信頼できる出会い系アプリでは、年齢確認を終えるまではすべての機能を利用できないように作られています。年齢確認が必要なアプリなら、誤って未成年と出会ってしまう可能性をほぼゼロにすることが可能です。結果的に、知らぬ間に性犯罪を引き起こしてしまうリスクが下げられます。

24時間体制のサポートがあるか

トラブルが発生した際、最初に相談する先となるのは出会い系アプリのカスタマーサポートです。トラブルはいつ発生するかわからず、できる限り素早く対処してもらわなければなりません。24時間体制のサポートを実施しているアプリならいつでも相談できますし、手厚いサポートにも期待できます。

運用会社の規模が大きいか、上場企業の関連会社か

確実に信頼できる出会い系アプリを利用したい場合は、運営会社の規模を確認しておきましょう。10年以上の運営実績がある会社なら、いきなり倒産する可能性はほとんどありません。また、上場企業の関連会社が運営元という場合も、誠意のあるサポートや対応に期待できます。

②個人情報を教えない

実際に出会ってみて、信頼できると感じるまでは、出会い系アプリで知り合った人に個人情報を教えないように注意しましょう。本名や電話番号、住所、勤務先といった情報が悪質な会員に渡ってしまうと、インターネット上で情報を拡散されたり、個人情報収集業者に転売されたりするおそれがあります。

また、個人を特定できる情報は、おどしのネタとして使われるリスクもあることにも注意しなければなりません。身分をつかまれたうえで美人局に脅されると、きっぱりと要求を退けることにためらってしまいます。また、ストーカーの被害にあうリスクにも警戒が必要です。

③相手のプロフィールを確認する

相手のプロフィールを確認して、業者やキャッシュバッカーの危険がないかどうかを判断しましょう。業者・キャッシュバッカーは以下のような特徴があります。以下の項目に1つ以上該当するものがある場合は要警戒、2つ以上該当するものがあれば業者の可能性が高いと考えるべきです。

<出会い系アプリに潜んでいる業者やキャッシュバッカーの特徴>
・プロフィールへの記入が極端に少ないのに、積極的にメッセージを送ってくる
・初回メッセージから連絡先の交換を提案したり、デートに誘ったりしてくる
・プロフィール写真が美人すぎる、もしくは過度にセクシーな格好をしている
・利用環境がiPhoneやAndroidではなく、PCから利用している場合が多い

業者は無駄を徹底して省こうとするため、細かなプロフィールを用意しない場合が目立ちます。男性の目を引くために、美人すぎる・セクシーすぎるプロフィール写真を使うことも特徴的です。また、効率的にコピペを活用するため、業者は主にPCから出会い系アプリにアクセスしています。

④自分のプロフィールをしっかり埋める

自分のプロフィールをしっかり埋めていれば、悪質会員から見て隙のない状態を作れます。「しっかりしている人物」というイメージも植えつけられるので、詐欺の対象からあなたを外すこともありえるでしょう。

また、プロフィールをしっかり埋めておけば、一般会員を見分けやすくなることもメリットです。真剣に出会いを求めている相手は、プロフィールの内容に注目して会話のきっかけを探してくれます。対する業者はテンプレを使って対応することが多いため、メッセージの中身から一般会員か業者かを判断しやすくなるのです。

⑤メッセージのスクリーンショットを撮る

後のトラブルを防ぐために有効な手段として、メッセージのスクリーンショットを撮っておくというものがあります。たとえば見知らぬURLを貼られたときは、それをクリックする前にスクリーンショットを撮っておくと、相手が悪意をもって他サイトへ誘導した証拠が残るのです。

仮に身体の関係を結ぶとしても、事前に合意しているという証拠が残れば、性犯罪で告訴されるといった問題も起こりません。高額請求や結婚詐欺といった金銭に関連する
詐欺に関しても、スクリーンショットでやり取りの証拠が残っていれば、「だますつもりはなかった」といった言い訳が通用しなくなります。**

⑥いきなり夜間帯や宿泊をともなうデートはしない

夜の遅い時間帯にディナーへ出かけたり、バーに行ったりすると、終電がなくなって宿泊を迫られるケースがあります。男性の場合は美人局や裁判沙汰に警戒しなければなりませんし、女性の場合は強制わいせつの被害を受けるおそれがあるため要注意です。

また、信頼できると確信できていない相手と、いきなり宿泊のともなうデートをすることもおすすめできません。特に男性の場合、おいしい話に釣られて身体の関係をもってしまうと、性犯罪で訴えられたり、「妊娠した」と嘘をつかれて金銭を要求されたりといったトラブルが発生する危険性もあります。

⑦自分の生活圏で会わない

初回のデートでは、自分の生活圏を避けた場所で会うことをおすすめします。たとえば自宅の近くでデートをしてしまうと、解散した後に尾行され、自宅を突き止められるおそれがあるのです。個人情報を握られておどされたり、ストーカーの被害にあったりする可能性がないとは言い切れません。

生活圏には自宅周辺だけでなく「職場の周辺」も含まれます。特に彼女や妻子持ちなどの事情を抱えながら出会い系アプリを利用している人にとっては、職場の特定も極めてリスキーです。「職場にバラす」とおどされるおそれもあるので、デートの場所は自宅や職場とは縁のない場所を選びましょう。

⑧デートで使ったレシートを取っておく

デート中にぼったくりの被害にあったり、高額請求やマルチ商法などで仕方なく金銭を支払ってしまったりした場合デートで使ったレシートをすべて保管しておきましょう。それだけで、相場からはかけ離れた金銭を要求されていたという事実を立証できます。

このような客観的な証拠が残っていれば、後に警察へ相談したときや、弁護士の助けを借りるときに極めて有利です。クレジットカードを使って支払った場合は、カード会社に被害を伝えると、専門のスタッフのサポートを受けて可決できる可能性があります。

⑨怪しい話には乗らない

あまりにも都合が良く、条件の良い話には乗らないようにしましょう。たとえばいきなり身体の関係をにおわせてホテルに誘ってきたり、お互いのことをまったく知らないのに連絡先を交換するように求めてきたりするような人は、誰に対しても同じようなメッセージを送信しているものと考えられます。

こういった話に飛びついてしまうと、詐欺のターゲットとして恰好のエサにされてしまう可能性が高いでしょう。女性の場合、高額な報酬と引き換えに身体の関係を求めてくるような誘いに乗ると、強制わいせつや暴行の被害にあったり、ネット上に個人情報を拡散されてしまったりする場合があります。

万が一出会い系アプリでトラブルにあったときの対処法

これらの対策を完璧に施していたとしても、だますほうの手口も巧妙なので、詐欺や迷惑行為のトラブルを防げない可能性もあります。万が一出会い系サイトでトラブルにあったときは、以下の4つから対処法を選びましょう。

<万が一出会い系アプリでトラブルにあったときの対処法>
・運営・サポートに連絡する
・消費生活センターに相談する
・警察に通報する
・弁護士に相談する

被害の内容や規模によって、相談・通報すべき場所は異なります。力になってくれる人や団体はたくさんいるので、「恥ずかしい」と思わずにサポートを求めましょう。それぞれどういったシチュエーションで相談すると効果的なのかを解説していきます。

運営・サポートに連絡する

まずは出会い系アプリの運営・サポートに連絡しましょう。会社によっては24時間365日体制でサポートを行っているため、どのような時間帯にだとしてもすぐにサポートを受けられます。どういった場所に相談・通報すれば良いかわからないという場合も、まずは出会い系アプリの運営に問い合わせをしてください。

運営に通報すると、当該ユーザーに違反行為があったかどうかが確認され、状況に応じて強制退会等のペナルティが与えられます。自分自身が通報して、悪質なユーザーの動きを止めることによって、次の被害者を生み出さずに済むかもしれません。

消費生活センターに相談する

出会い系アプリ運営会社の対応に納得できないときや、トラブルの責任を運営会社に問いたいという場合は、全国の消費生活センターに相談しましょう。各地域を管轄する消費生活センターに相談すると、専門の係員が相談を聞いてくれて、解決に向けたアドバイスをしてくれます。

また、必要に応じて運営会社との間に入り、きちんとサポート・補償をするようにあっせんしてくれる場合もあるのです。相談窓口を知りたいという場合は、消費者ホットラインの「188」に電話しましょう。地域やサービスの内容からもっとも身近な窓口を案内してくれます。

警察に通報する

脅迫されていたり、暴行をされたり、詐欺にあったりした場合は、そのまま警察に相談して構いません。最寄りの交番や警察署で警察官に相談すると、専門の係で詳しく調書を取ってくれます。被害が生じていればすぐに捜査が始まり、犯人の逮捕に期待できるでしょう。

ただし、金品をだまし取られたりおどし取られたりしている場合、犯人が捕まったとしても金品を取り戻せる可能性は低いかもしれません。被害の内容によっては、警察ではなく弁護士に相談して、民事事件として金品を取り戻したほうが良い可能性もあります。

弁護士に相談する

警察に相談しにくい場合や、民事事件として金品を取り戻したい場合などは、弁護士に相談して対処法を検討すると良いでしょう。容疑者の身元がわかっていなければ訴えを起こすことはできませんが、身元がわかりさえすれば司法の場で責任を追及することができます。

ただし、弁護士に相談する場合は、相談料や依頼料がかかることに注意しなければなりません。裁判に発展して勝訴した場合、弁護士費用を相手方に請求することもできますが、相手方に弁済能力が残されていない場合は泣き寝入りせざるを得なくなります。

トラブルが少ない安全な出会い系アプリ5選

この記事で紹介してきたようなトラブルを避けるためには、自分自身で対策を打つことも必要ですが、そもそもトラブルが少なくて安全な出会い系アプリを使うことも重要です。2021年現在、特におすすめできる安全な出会い系アプリは以下の5つです。

<トラブルが少ない安全な出会い系アプリ5選>
Pairs(android!https://app-liv.jp/r/pairs/)
with(android!https://app-liv.jp/r/with/)
tapple(android!https://app-liv.jp/r/tapple/)
ハッピーメール(android!https://app-liv.jp/r/happymail/)
PCMAX(android!https://app-liv.jp/r/pcmax/)

ここからは、上記5つのアプリがなぜ安全だと評価できるのか、各サイトの安全対策などの特徴を簡単に解説していきます。どのアプリに登録すべきかわからずに悩んだときは、以下5つのアプリから登録先を見つけましょう。

Pairs

Pairs(android!https://app-liv.jp/r/pairs/)は1日平均400人に恋人ができている大手出会い系アプリで、累計会員数は1,500万人を突破しています。年齢や居住地、身長などの項目から理想的な相手を絞り込んで検索できることに加えて、コミュニティ機能を使って共通の趣味・興味でつながれることも特徴的です。

Pairs(android!https://app-liv.jp/r/pairs/)では24時間365日体制のカスタマーサポートを実施していて、お相手と交流する前には本人確認手続きが必須となっています。なりすましへの対策がきびしいアプリなので、業者に悪用される確率が低く、トラブルに発展するリスクを最小限に抑えることが可能です。

with

2021年オリコン顧客満足度調査で、恋活・婚活マッチングアプリ第1位に輝いたのがwith(android!https://app-liv.jp/r/with/)です。心理テストから相性の良い人を絞り込めることが特徴的で、相性が良いと判断された人に対する「いいね」が一定数まで無料になることが男性会員にとってのメリットといえるでしょう。

カスタマーサービスとアプリ内の監視は24時間365日体制で行われていて、公的証書による本人確認が必須です。不正なユーザーは即時利用停止処分が取られるため、業者による被害を受ける可能性は低いでしょう。また、Facebookから利用すると友達には表示されないため、身バレ防止にも役立ちます。

tapple

20代の若い世代をメインターゲットにしている活発な出会い系アプリです。毎日25万組以上がtapple(android!https://app-liv.jp/r/tapple/)を通じてマッチングしており、毎月1万人のカップルを生み出しています。顔写真や年齢、好み、プロフィールを見て、「いいかも」か「イマイチ」のどちらかにフリックするだけでマッチングを進めることが可能です。

24時間365日体制でサポートと監視を行っているカスタマーサービスは、HDI3つ星評価を受けるなど第三者機関からも高く評価されています。メッセージのやり取りを開始する前には、公的証書による本人確認が必要で、業者をシャットアウトするための対策も十分です。

ハッピーメール

ハッピーメール(android!https://app-liv.jp/r/happymail/)の累計会員数は2,700万人を突破しており、日本国内で最大規模の出会い系アプリです。ブランドアンバサダーに野呂佳代さんを起用したことも話題になりました。ハッピーメール(android!https://app-liv.jp/r/happymail/)で出会えた確率は74.5%というアンケート結果もあり、名実ともに日本トップクラスの実績があります。

ハッピーメール(android!https://app-liv.jp/r/happymail/)では、業界最速となる2005年から24時間365日のサポート体制で運営を続けています。16年以上にわたって充実したサポートを提供し続けている出会い系アプリはハッピーメール(android!https://app-liv.jp/r/happymail/)のみで、トラブルに対するノウハウでも、その他のアプリを大きくリードしているといえるでしょう。

PCMAX

創設から15年が経過したPCMAX(android!https://app-liv.jp/r/pcmax/)は、累計1,600万人以上の会員を擁しています。アクティブユーザー数が多いため、レスポンスの素早さにも期待でき、「ひとりごと」や「日記」、「オリジナルゲーム」など無料で使えるコンテンツも満載です。

5つの安心・安全サポートとして、「24時間365日の監視体制」「有人サポート」「セキュリティ強化」「年齢確認」「通報/お断り設定」を打ち出しています。AIによるパトロールも強化しているため、業者などの悪質なユーザーの動きをいち早く察知して締め出せることもPCMAX(android!https://app-liv.jp/r/pcmax/)ならではの強みです。

まとめ

多くの出会い系アプリが悪質なユーザーを監視して処分を行っていますが、監視の目をすり抜けて犯罪行為や嫌がらせを行う会員は存在します。しかし、どのような悪質会員がいて、どんな被害にあうリスクがあるのかを把握しておけば、トラブルに巻き込まれるリスクをほぼゼロにすることが可能です。

この記事では、安心して利用できる出会い系アプリや、要注意人物の特徴についても詳しく解説しました。不安に思うポイントがあれば、この記事の中身を読み直して、十分な対策を施したうえで出会い系アプリを有効に利用しましょう。