マッチングアプリが向いていない人の特徴! 苦手・無理だと感じる人におすすめのアプリ

マッチングアプリを利用する前から「自分には向いていない」「アプリでの出会いなんて不毛」と決めつけていたり、アプリをうまく利用できず苦手・不向きだと感じてしまってはいませんか?

しかしそれは単なる勘違いか、アプリの選び方・使い方を間違っているだけの可能性も。

今回は、マッチングアプリが向いていない・苦手・不毛だと感じる人におすすめのマッチングアプリを3つ厳選しました。また、どんな特徴のある人が「アプリに向いていない」と感じるのかをまとめています。改善策についても触れているので、自分の可能性を信じて、素敵な出会いを探してくださいね。

マッチングアプリが向いていないと感じる男性・女性の特徴

マッチングアプリが向いていないと感じる男性・女性の特徴

マッチングアプリが向いていないと感じる男女は、以下のような特徴があるといえるでしょう。

このアプリのおすすめポイント

  • こまめなメッセージのやり取りがめんどくさいと感じる
  • フットワークが重い
  • 積極的なアプローチが苦手

マッチングアプリには難しい側面もあるので、向いていないと感じるのは仕方がないことでもあります。ただし、それぞれに対処法も存在するので、それも踏まえたうえで向いていないかどうかを総合的に判断しましょう。

①こまめなメッセージのやり取りがめんどくさい

マッチングアプリから仲良くなるためには、アプリ内で何度もメッセージのやり取りをしなければなりません。メール無精な人にとっては面倒だと感じるのも当然ですし、相手のプロフィールを見ること自体が面倒だと思ってしまう人もいるでしょう。

しかし、アプリによってはビデオ通話機能がついているものや、直感的にマッチングしたいかどうかを判断できるものもあります。たとえば「タップル(android!https://app-liv.jp/r/tapple/)」なら、相手の写真や趣味が表示された画面を見て、左右にフリックするだけで「いいかも」か「イマイチ」に振り分けられます。

また中には、「Dine」や「いきなりデート」「バチェラーデート」のように、そもそもメッセージ不要のマッチングアプリもあるのです。

一般的なマッチングアプリでは、マッチング後にメッセージをやり取りし、親交が深まれば実際に会うことになります。メッセージで4日~1週間程度やり取りする必要があり、中には面倒に感じる方もいるでしょう。

一方で「Dine」の場合、マッチング後「メッセージのやり取り」や「デートの誘い」が不要で、デート日程が自動で調整されます。飲食店も運営が予約してくれるので、マッチングが決まれば会えることが確定するのです。

また、``「いきなりデート」はいいねを送ってマッチングするだけでデートが確定、「バチェラーデート」は`いいね送信すらAIが代わりにやってくれる``ので、メッセージは必要ありません。

②フットワークが重い

マッチングアプリからカップルとなるためにはフットワークの軽さも重要です。魅力的な会員には多くのライバルがアプローチを仕掛けるので、うかうかしていると奪われてしまい、フェードアウトされることも少なくありません。

時間をかけて好みの相手と仲良くなりたい方は、男女比が5:5に近いアプリを選ぶと良いでしょう。また、自宅や職場周辺に登録者が多いアプリを選ぶのもおすすめです。散歩や買い物のついでのような感覚で会えたり、仕事帰りに会えたりする人が多ければ出会いのハードルが低くなります。

③積極的なアプローチが苦手

アプリでは積極的なアプローチも必要ですが、ガツガツするのが性格に合わない人もいます。特殊なコミュニケーション能力を求められるので、苦痛に感じてしまうのも無理はありません。

そんな悩みを抱えている人は、with(android!https://app-liv.jp/r/with/)」のようなコミュニティ機能を備えているマッチングアプリがおすすめです。お互いの趣味を確認してからマッチングできるので、共通する趣味の話題など、話しやすいトークテーマをきっかけに盛り上がれます。

「恋愛が苦手」のイメージ

④同時に複数の人との連絡するのが苦手

同時に複数の人とやり取りするのが苦手という人は、マッチングアプリが向いていないと感じやすいです。

たしかにマッチングアプリでは、はじめは複数人とやり取りをかわす方が効率的に出会いやすくなります。

しかし早い段階で本命に絞り込むことが悪いわけではありません。相手に真剣にアプローチしていることを堂々と伝えればその実直さに胸を打たれる人はいるので、長所として活かすことも可能ですよ。

⑤相手を信じやすい

マッチングアプリによっては業者やサクラ、キャッシュバッカーがいて、全員の言うことを信じているとだまされてしまうかもしれません。ただし、当サイトで紹介している優良アプリは、24時間体制のサポート・監視を行き届かせて悪質な会員をシャットアウトしています。一般会員の見分け方も学んでおけば、だまされるリスクをほぼゼロにできるでしょう。

マッチングアプリが向いていないと感じる人におすすめのマッチングアプリ3選

マッチングアプリが向いていないと感じる人におすすめのマッチングアプリ3選

マッチングアプリが向いていないと感じている人は、単純に自分と合うアプリがまだ見つかっていないだけかもしれません。アプリによって利用者層や特徴は大きく異なります。そこで、向いていないと感じる人におすすめできるマッチングアプリを3つリストアップしました。

<マッチングアプリが向いていないと感じる人におすすめのマッチングアプリ>
タップル(tapple)(android!https://app-liv.jp/r/tapple/)
with(ウィズ)(android!https://app-liv.jp/r/with/)
マリッシュ(marrish)(android!https://app-liv.jp/r/marrish/)

この3つのマッチングアプリが、向いていないと感じる方におすすめの理由は、下の表の通りです。

たとえば、マッチングアプリが向いていないと感じる方には「そもそも出会いを探すのが面倒」「相手とダラダラやりとりするのがしんどい」と思っている方がいます。そのような方におすすめのマッチングアプリが「タップル」です。

左右にフリックするだけで「いいかも!」「イマイチ…」を送れるので、面倒くさがりの方にも使いやすくなっています。

ほかにも、上記3つのマッチングアプリが向いていないと感じる人におすすめの理由を、次から詳しく解説しています。

タップル(tapple)

「タップル」公式サイトはこちら

こまめなメッセージ交換を重ねるのが面倒だという人におすすめのアプリがタップル(android!https://app-liv.jp/r/tapple/)です。写真とプロフィールを見て直感的に「いいかも」「イマイチ」を選べるので、時間をかけずに出会いを見つけられます。

タップル(android!https://app-liv.jp/r/tapple/)は大手IT企業サイバーエージェントが運営しており、利用者の大半が20代~30代という若年層です。とても活発に活動する会員が多く、毎月10,000人ものカップルを誕生させています。利用満足度調査でNo.1になったアプリでもあるので、実績重視の人にもおすすめです。

with(ウィズ)

「with」公式サイトはこちら

自分に合う人がひと目でわかるマッチングアプリを使いたい人にはwith(android!https://app-liv.jp/r/with/)がおすすめです。簡単な心理テストによってグループ分けされて、考え方が一致する人との出会いを見つけられます。

会員数は570万人以上で、20代~30代の若年層から支持されています。前述した心理テストのほか、コミュニティ機能から趣味が一致する会員を探すことも可能です。相手のプロフィールを開くと、一致するコミュニティの数と種類が表示されるため、話が合う人を簡単に見分けられます。

マリッシュ(marrish)

「マリッシュ」公式サイトはこちら

主な年齢層が30代以上という年齢層の高いマッチングアプリにおいて、特に信頼度が高いアプリとしておすすめできるのがマリッシュ(android!https://app-liv.jp/r/marrish/)です。

身分証による年齢確認の徹底、24時間365日のサポート・監視体制などでユーザーの安全を守りながら、恋活・婚活・再婚活を応援してくれます。累計マッチング数は600万件を突破しているほか、入会から平均3ヶ月半でカップルが成立するという実績も魅力的です。

マッチングアプリの3つのメリット

マッチングアプリの3つのメリット

マッチングアプリには、以下のような3つのメリットが存在します。

<マッチングアプリの3つのメリット>
・プロフィールを見たうえでアプローチできる
・相手も素敵な相手を探している
・多くの候補の中から気になる相手にアプローチできる

マッチングアプリに苦手意識のある人でも、これらのメリットを知っておいて損はありません。「自分には無理」と決めつけるのではなく、マッチングアプリならではのメリットも把握したうえで、総合的に利用するかどうかを検討してみましょう。

プロフィールを見たうえでアプローチできる

マッチングアプリを使う最大のメリットは、プロフィールをじっくりと確認して、自分自身の好みの異性にアプローチできることです。普通ならプライベートな質問をするまでに時間はかかりますが、マッチングアプリなら事前に情報を収集して、気に入った会員にだけアプローチできます。

たとえば趣味や好みが一致しているかどうかがわかるので、その人と付き合うとどんなデートができるのか想像しやすいでしょう。質問しにくい職業や年収、好みのタイプも知れますし、顔や体格までわかります。「どんな人が来るかわからない」といった、合コンなどの出会い方のデメリットを解消できるのです。

相手も素敵な相手を探している

マッチングアプリに登録している人は、恋人や結婚相手を探している人に限られます。お互いに素敵な人を探している状態なので、フィーリングが合えばすぐに仲を深められるでしょう。たとえ自分自身が消極的な性格でも、相手が積極的なら補い合えます。

職場や趣味、同窓会から知り合った相手だと、せっかく想いを寄せたのに、相手にはすでに家族や恋人がいると後になってわかったというパターンもありえます。マッチングアプリなら、このような時間や気持ちのロスをせずに、魅力的な人にアプローチすることが可能です。

たくさんの候補から気になる相手へアプローチできる

マッチングアプリには数百万人~数千万人という数の会員が登録しています。アクティブな会員に絞り込んでも、首都圏なら数千人~数万人という単位の異性がアプローチの対象です。たくさんの候補から条件を絞り込み、理想を満たした人と知り合えることもマッチングアプリの魅力といえます。

実生活の中で、数千人・数万人規模の中からパートナーを見つけることはまず不可能です。偶然出会った人の中から消去法のような形で恋人探しをするしかない場合もありますが、マッチングアプリなら本当に良いと思った人と知り合えます。

マッチングアプリで出会う方法

マッチングアプリで出会う方法

最後に、マッチングアプリに向いていない人がマッチングアプリを使う方法について詳しく解説します。

<マッチングアプリに向いていない人がマッチングアプリを使う方法>
・複数のマッチングアプリを試す
・プロフィールを修正する
・ときには相手を拒むために勇気を出す

以上の3つのポイントを試すと、今まではまったく見えていなかったマッチングアプリの良さや便利さが見えてくるかもしれません。マッチングアプリを使ってみてもうまくいかなかった・うまくいっていないという人は、ぜひ3つの方法を試してみてください。

複数のマッチングアプリを試す

第一に複数のマッチングアプリを試し、自分に合ったアプリを使うように意識しましょう。アプリによって機能や特徴が異なり、利用している人の属性も変わります。こまめなやり取りをせずに出会えるアプリもあるので、アプリの操作が面倒だという人も、その理由だけで諦める必要はありません。

多くのマッチングアプリは男性のメッセージ送信は有料ですが、無料でもある程度のことができます。どんな女性がいるか検索したり、どんなコミュニティがあるのか見たり。自分にピッタリのアプリを見つけるのに役立てられます。

プロフィールを修正する

プロフィールをよりわかりやすい内容に変更すれば、こまめなメッセージが不要になったり、無駄なやり取りを避けたりできるかもしれません。また、自分自身の特徴を細かく相手に伝えられるので、興味をもってもらえる確率も上がります。

たとえば趣味欄を充実させることで、「趣味はなんですか?」「〇〇です」という会話のキャッチボールを1ターン減らせます。仮に趣味を「サッカー観戦」としていた場合、1通目から「好きなチームはありますか?」というような、踏み込んだ内容のメッセージを受け取りやすくなります。

ときには相手を拒むために勇気を出す

マッチングアプリにはたくさんの会員がいるので、全員に対して八方美人的な対応をしなくても構いません。やり取りしていて合わないと感じたら、早めに打ち切る勇気をもつことで、お互いの無駄な時間を削減できます。また、おいしすぎる話をする人は業者の可能性が高いため、関わるべきではありません。

アプリが無理だと感じる人・気が向かない人のためのおすすめの出会い方

それでも気が向かない人のために。おすすめの出会い方

どうしてもマッチングアプリが向いているとは思えない、それは個人の考え方のため仕方ありません。そんな人におすすめの出会い方として、以下の5つを紹介しましょう。

このアプリのおすすめポイント

  • 友人に紹介してもらう
  • 婚活パーティーに参加してみる
  • 趣味や習い事の教室で知り合う

それぞれ恋人を見つけたり、将来の結婚相手を探したりする際に有効な方法です。ただし注意点も隠れているので、メリットとデメリットを正確に把握しておきましょう。

友人に紹介してもらう

見ず知らずの人と出会うのが不安だという人でも、信頼できる友人を挟めば安心して出会えるのではないでしょうか。出会い方としても定番であり、王道です。しかし、恋人を探していると友人へ積極的に伝えなければならないことや、紹介された人が好みではなかったりする場合があることは難点といえます。

婚活パーティーに参加してみる

こまめなメッセージ交換が苦手な人でも、婚活パーティーなら顔を合わせて直接話せるので、初対面から一気に仲を深められるかもしれません。しかし、どんな人と仲良くなれるのかが読めず、まったく手ごたえを感じられないままで無駄な時間を過ごしてしまうリスクはあります。

趣味や習い事の教室で知り合う

趣味や習い事の教室なら、フットワークが重い人でも現場まで楽しく足を運べます。また、同じ趣味や共通点がある人と知り合えることもメリットです。ただし、将来的にもし破局してしまった場合は、趣味・習い事に通うのが気まずくなってしまうことは難点といわざるを得ません。

職場の人と交流を深めてみる

職場恋愛という手もあります。お互いの性格がある程度わかった状態で仲を深められますし、年収やキャリアの目安もつきやすいため、結婚相手を見つける際も有効でしょう。問題となるのは破局してしまった後で、職場に通うのが苦痛になってしまうかもしれません。

同級生や昔の知人と再会する

同窓会などに出席して、昔の知人と再会するという手もあります。初恋の人と再会したり、意外な人が魅力的になっていたりと、昔話に花を咲かせながら恋愛を見つけられるでしょう。ただし、多くの人の協力がなければ同窓会を開催できないことや、意中の人に恋人や結婚相手がいる可能性もあることはネックです。

不向きと感じても一度はマッチングアプリを試す価値あり!

一度はマッチングアプリを試してみる価値あり

マッチングアプリに向いていないと考える人はたくさんいます。しかし、それは単なる思い込みだったり、アプリを使いこなせていないだけだったりするかもしれません。現在はたくさんの種類のアプリがあり、それぞれ特徴や会員の属性が異なるので、諦めずに自分に合ったマッチングアプリを探してみましょう。