オタクの出会いの場! マッチングアプリおすすめ4選・婚活恋活の方法やコツも

この記事に関連するアプリ一覧ページ:

オタク活動も恋愛も充実させたい!
"趣味ごと"好きになってもらえる彼氏・彼女と出会いたい。

そんなオタクの出会いにはマッチングアプリがおすすめです。アニメ・マンガ・ゲームなどの趣味を通じて知り合えるアプリも増え、オタクの出会いに十分活用できます。

本記事では「オタクな彼氏・彼女に理解ある人を探せるおすすめアプリ」を厳選して紹介! さらに「出会うために心がけるべきコツ」など、オタクが恋人を作るためのイロハをレクチャーしていきます。

目次

オタクの出会いの場・方法9選

オタクの人が理想的な恋人候補と出会える場所は、特におすすめなマッチングアプリを含めて9つあります。

オタクの出会いにおすすめのマッチングアプリ4選

オタク女性のイメージ

マッチングアプリは数百万人規模の利用者で出会いの数が豊富で、さらに利用者の多くは恋愛に対して意欲的。十分なチャンス & 意欲で彼氏・彼女を作りやすい環境といえるでしょう。

またアプリによってはオタクを探しやすいものもあり、共通の趣味を通じて仲良くなりやすいのが特徴です。

オタクと出会いやすいマッチングアプリは以下の通り。

各アプリの詳細をチェックしていきましょう。

with(ウィズ):★★★★★

「with」の公式サイトはこちら

心理学や統計学を基にした診断テストで、相性の良い人が見つかる「with」。オタクの出会いでは、「好みカード」の使い方が重要です。

オタク系の好みカードを設定しておけば、同じオタク趣味の相手をアプリが紹介してくれるようになります。好みカードも「漫画・アニメ好き」といったジャンル全体を指すものから、特定の作品名を指すものまでさまざま。

またオタク系コミュニティに所属するユーザーの割合が多いため出会いやすいです。

このアプリのおすすめポイント

  • 「好みカード」でオタク系趣味の異性がすぐに見つかる
  • 心理テストで相性の良い相手を紹介。居心地の良い相手も見つかる
  • 20代~30代に人気。恋活目的の男女が多く、真剣度もまずまず

Pairs(ペアーズ):★★★★☆

「Pairs」の公式サイトはこちら

『Pairs』は登録者数業界トップクラスで、月間の利用者数も100万人以上。20~30代の利用者も多いですが、40~50代の割合も比較的多いです。

同じ趣味・好みの人同士で交流できるコミュニティも豊富。ユーザー数が多い分、幅広いオタク系コミュニティが多数揃っています。

ゲーム系で言えば、最新の人気作はもちろんのこと、10年前に発売されたそこそこ人気のゲームにまでコニュニティがあり。ややマイナーだからこそ味わえる、仲間を見つけたときの喜びを味わえます。

このアプリのおすすめポイント

  • 圧倒的な会員数とコミュニティ数。マイナー作品が好きな人が見つかる
  • 年齢層・地域も幅広く、全国どこでも誰でも出会いのチャンスあり
  • 2012年サービス開始の老舗で信頼感あり。安全体制も十分

タップル:★★★★☆

「タップル」の公式サイトはこちら

『タップル』の特長はすぐマッチング前にすぐデートができること。マッチング前からデート相手の募集ができ、「漫画やアニメ展に行きたい」「あのアニメの聖地巡礼しませんか」などオタク系のデートプランも豊富にあります。

ほか「趣味タグ」を設定でき、「アニメ」や「ミリタリー」などジャンル名や作品名を登録しておけるのも便利。同じ趣味タグを設定しているユーザーがすぐ見つかります。

このアプリのおすすめポイント

  • マッチング前からデートができる。一緒にアニメ展巡りや聖地巡礼が叶う
  • 同じ作品が好きな人が見つかる。「趣味タグ」で気の合う異性に出会える
  • 20代に人気。気軽な出会いを求める若者にピッタリ

CoCome(ココミー):★★☆☆☆

「CoCome」の公式サイトはこちら

『CoCome(ココミー)』は写真をアニメ調のアバターに変換する「ココトーク」機能がユニークです。アバターを使ってチャットが可能で、アニメのキャラクターになったような感覚が新鮮。

ほか7秒間のみ写真を閲覧できる「バニッシュ」機能など、意欲的な機能が盛り込まれています。

このアプリのおすすめポイント

  • 自分の顔写真がアニメ調に! アニメ世界に入り込める「ココトーク」
  • バニッシュ、MYマガジン、ドストライクなど使ってみたくなる機能が多数
  • 24時間365日の監視・サポートをはじめ、安全体制も十分

マッチングアプリ以外のオタクの出会い候補8選

マッチングアプリ以外にも、オタクが出会う場所・方法はあります。

・出会いの数
・恋愛への意欲
・話しかけやすさ
・趣味の一致具合
・コスパ

の5つの観点から、出会いやすさをチェックしていきましょう。

職場

デスクで仕事をしている人。

2000年代よりオタク文化が一般的に浸透してきています。そのため、職場にも同じオタク趣味を持つ異性がいる可能性は一昔前に比べ高いと言えるでしょう。

同じ職場という共通点もあり、趣味がきっかけで話が盛り上がるかもしれません。さらに仕事を通じて話す機会を増やし、信頼関係を築いていけば、自然と距離を縮められます。

app-liv.jp

街コン

飲み会の画像。

街中のお店を巡りながら参加者と自由に話せる街コンの中には、オタクに特化したものも開催されています。開催頻度は高くありませんが、参加者数は数百人規模で多くの出会いが期待できる場所です。

アニオタ・ドルオタなどジャンル別の街コンイベントもあり、趣味が合う相手とも比較的出会いやすいです。ただし基本的には自分から話しかける必要があり、ある程度のコミュ力が求められます。

app-liv.jp

婚活・恋活パーティー

パーティーのお酒の画像。

「アニオタ限定」や「ドルオタコン」などのジャンル別に、趣味の合う相手が見つけやすいのが婚活・恋活パーティー。参加者の恋愛意識は全体的に高く、参加者とふたりで話せる時間が設けられるなど、自然と会話が生まれやすいのが特徴です。

しかし参加費が7~8,000円程度と、料金の高さがネック。さらに参加者も1回当たり約40~60人と少なめで、あまりコスパがいい出会い方とは言えません。

app-liv.jp

結婚相談所

結婚相談所のカウンセリングの画像。

真剣に結婚相手を探しているなら、結婚相談所で相手を探す方法もあります。相談所では出会いの数や、結婚への意欲は高く、積極的に話そうという姿勢も見えるでしょう。しかし趣味が一致するかは、別の問題。

今はオタク専門の結婚相談所「<a href="https://t.afi-b.com/visit.php?guid=ON&a=110347Q-D347778B&p=B529784Y" rel="nofollow">ヲタ婚</a><img src="https://t.afi-b.com/lead/110347Q/B529784Y/D347778B" width="1" height="1" style="border:none;" />」がありますので、オタクの幸せを叶えるお相手を探すならここ一択でしょう。

app-liv.jp

オタクバー

バーの画像。

アニソンを歌いながらお酒を飲める「アニソンバー」や、ゲームをしながら他の人と交流できる「ゲームバー」など、オタクバーは種類豊富。自分の趣味に合った人と出会いやすい場所です。

オタクバーの店舗数も増加傾向にあり。たとえば「アニソンバーギルド」は平成24年に福岡でオープンし、現在は秋葉原、大阪、仙台など全国7店舗で展開されています。

またオタクバーの検索に特化したサイトもあります。活用すれば、近所や地方のオタクバーを見つけられるかも。

ただし注意点があり、客の多くは「趣味を楽しむため」に来ているため、恋愛意欲は低めです。お酒が入っていても、話しかけるには積極性と社交性、コミュニケーション力が必要になります。

オンラインゲームなどのオフ会

飲み会でグラスを乾杯している画像。

オンラインゲーム上のギルドやネットコミュニティなど、日頃から会話する人が集まります。趣味の一致具合&会話のしやすさは最高。

しかしオフ会で貪欲に恋愛相手を探しすぎると、「出会い厨」と冷ややかな目で見られることがあります。彼氏・彼女探しには不向きです。

コミケ・同人即販売会・ゲームショウなどのイベント

全国各地のオタクが参加するイベント。しかし来場者はお目当てのグッズを手に入れるために必死で、出会いに求めるヒマはありません。特にコミケの企業ブースは膨大な数の人が出入りするため、移動さえもままならない状態になることも。

一方で出展者側になると多少事情が変わります。サークルの出展スペースが隣同士になったのをきっかけに、繋がりができる可能性があります。出展者側にとっては、交友関係を広めるきっかけとなり得ます。

オタ友LINE掲示板

スマホを触る男性。

ネット上にはオタク友達を募集し、LINEのIDやQRを交換できる掲示板が存在しています。多くは利用無料で、気軽に趣味の合う人を見つけられるのが特徴です。

しかし掲示板は、不特定多数の人が自由に閲覧できます。投稿した自分のIDやQRコードが悪用されるリスクが高く、安全性は低いです。

オタクがマッチングアプリで出会うコツ

それぞれのマッチングアプリの特徴や、自分に合いそうな方法がわかっても、上手に使いこなせなければ宝の持ち腐れです。

マッチングアプリで恋人を作るために、知っておくべきコツを紹介します。

オタクカップルのイメージ

コミュニティ編

Pairsのコミュニティとwithの好み

好きなコンテンツのコミュニティには必ず参加する

自分の趣味や好みを示すコミュニティ(withでは「好みカード」、タップルでは「タグ」)はどんどん登録しましょう。アニメ・漫画・アイドルなど全体的なジャンルはもちろん、作品名や制作会社といった一歩踏み込んだ領域も登録するのがポイント。

そういった具体的なコミュニティが一致しているほど、話が盛り上がりやすくなります。

オタク系のコミュニティ以外にも参加する

もうひとつポイントは、オタク系のコミュニティ以外にも、自分に該当するものがあれば登録していくこと。趣味が1個だけという人は案外少ないもので、オタ活のかたわら野球が好きだったり、筋トレの習慣があったりと、いくつか掛け持ちをしているものです。

共通点が多いほど気が合いやすいのはもちろん、オタク趣味は持っていなくても、別の魅力を持つ相手と巡り会えるチャンスが増えます。

プロフィール作成編

マッチングアプリのプロフィール作成画面

プロフィールはできるだけ細かく、オタクではない部分も書く

プロフィールは相手がメッセージすべきか決める大事な判断材料。相手との共通点を増やし、興味を持ってもらうためにも、できるだけ詳しく書きましょう。

書く内容としては「好きなオタク趣味」はもちろん、仕事の内容や求める相手・恋愛観などオタク以外の面にも触れるのがベター。またコミュニティは興味のあるものに、できるだけ所属しておくようにしましょう。

相手探し編

マッチングアプリの検索画面

「自分と趣味が近い人」に限定してアプローチする

マッチングアプリの出会いは、共通の趣味があると会話が盛り上がります。やり取りを盛り上げるためにも、自分と趣味の近い人を厳選しましょう。

相手のプロフィールや所属コミュニティをよく読み、自分と共通点の多い相手に絞るのがマッチングの成功率を上げるコツ。相性の良さそうな相手へアプローチするのが、恋人作りの近道です。

メッセージ(メール)編

マッチングアプリのメッセージ画面

やりとりの序盤では、オタク感を小出しする

相手が同じオタク趣味を持つ人だったとしても、オタク度は人それぞれ。相手がさほど詳しくない場合、ディープなオタトークでドン引きさせる可能性があります。序盤はオタク感を小出しにしておきましょう。

まずは「好きな作品」「好きなキャラ」など、ど当たり障りのない話題で数通やり取りしましょう。それから徐々にオタク度を上げていくこと。相手のレベルに見合った内容のトークをしていきましょう。

1通目の内容はコチラの記事を参考に

app-liv.jp

app-liv.jp

連絡先交換は「5~10通を目安」にアクションを起こす

オタク同士で仲良くなりすぎると、「異性→趣味友」になってしまうことも……。異性として見られているうちに、連絡先交換のアクションを起こすのが大切です。

「早めのアクション」とは言え、まだ自分のことを相手に知ってもらえていない1通目でのアクションは、相手を不安がらせるのでNG。「5~10通」のやり取りを目安に、アクションを起こすのがオススメです。

デート編

デートのイメージ

最初のデートは「お互いの趣味が楽しめる場所」

アニメ好きならアニメショップ巡り、ドルオタ同士なら好きな1曲を披露するカラオケデートのように、初めてのデートではお互いの趣味が楽しめる場所がベスト。

好きな趣味を通じてなら、緊張もほぐれ自然体で話しやすくしてくれます。なにより相手に「楽しかったし、また会ってもイイかも」と思ってもらいやすくなるでしょう。

オタクが出会いを探すならマッチングアプリを始めてみよう!

オタクが出会いやすいマッチングアプリと、オタクが出会う方法を紹介しました。

マッチングアプリは基本的に同じ趣味や好きなものがある人同士がマッチングするため、オタクであることは大きなメリットになります。好きなものが多ければ多いほど、出会いのチャンスは広がります。

今回紹介したアプリは会員数も多く、魅力的な人との出会いが期待できるでしょう。自分に合ったものに挑戦して、気が合う人を探してみてください。

こちらの記事もおすすめ

app-liv.jp

app-liv.jp